« 人間の美徳 | Main | オール1が教師になることについて »

2007.02.13

私だけが存在する

小学3年生の時と思うが、私は自分が意識を持っていることに気付いた。
それは最初、「意識空間」のような球体をしたものと感じたが、その大きさがどのくらいかというと、おそらくは無限で、少なくとも宇宙に匹敵すると思った。
そして、他の人も同じように意識空間を持っているのだろうかと考えたが、それは想像しにくかった。それ以降、他の人も意識を持つのかということは謎となったが、私は、多分それはないと思った。意識を持つのは私だけだ。
ニサルガダッタ・マハラジは、師に「あなただけが存在する」と言われ、それを信じた。そして、その言葉を覚えることで、短い間に覚者となったという。
他の者がいないなら、目に見える他者を虐げても良いのか?
実際は反対と思う。他者と見えるものは全て自己であるからだ。
別の言い方をするとこうなる。「私がいるから全てが起こる」
偶然に起こったことでも、自らの意思とするものが強者であり、神に近いといえる。これは、決して、「全ては神の思し召し」とすることとは違う。後者は神の選択を崇拝したが、前者は神の機会を崇拝するのである。

|

« 人間の美徳 | Main | オール1が教師になることについて »

Comments

深い、、、ディープだ、、、

Posted by: 華文字 | 2007.02.15 01:00 AM

私の人間性は、、、シリー(浅はか)だ、、、

Posted by: Kay | 2007.02.15 07:36 AM

。。かっこいい!。

Posted by: fox | 2007.02.15 07:40 AM

はい、クールです。

Posted by: Kay | 2007.02.15 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私だけが存在する:

« 人間の美徳 | Main | オール1が教師になることについて »