« 記憶の嘘 | Main | 不安への対処。芸術その他。 »

2007.02.04

円空の石仏と池田満寿夫の陶芸

円空と言えば、膨大な数の木彫りの仏像を作ったことで有名であるが、石仏も作ったらしい。
梅原猛さんの「歓喜する円空」(2006年新潮社)にあったが、自然石に顔の輪郭だけ掘り出したもので、その神秘性に梅原氏は「こんなものが作れるのはピカソのごとき天才」と書かれていた。
私は、「池田満寿夫般若心経写真集」(1995年同朋舎出版)という、池田満寿夫さんの破壊された野焼陶芸作品を見て、梅原さんのその記述を思い出した。凄まじい神秘性と荘厳さを感じたが、蕪木研爾氏の写真がまた素晴らしい。
池田さんの陶芸の異形の仏像にも、何か円空のようなものを感じた。やはり池田満寿夫さんは天才だと思う。

20070204_2

本文とは何の関係もありませんが、日曜はラクガキする日です(笑)。
先週のシスターさんを脱がせてしまいました^^;

見なくていいですが(笑)、絵をクリックすると大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 記憶の嘘 | Main | 不安への対処。芸術その他。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 円空の石仏と池田満寿夫の陶芸:

« 記憶の嘘 | Main | 不安への対処。芸術その他。 »