« 夢のない眠りで起こること | Main | 病気は全て心因性という考え方 »

2007.02.08

芸術的アニメ作品

私が長い間、待ち続けたDVDがついに発売されます。
5月25日ですが。早くゴールデン・ウィークよ終われ!(笑)

その作品は「CLOVER」です。
CLAMPさんの同名の漫画をショート・フィルム(短編映画)にしたものです。
1999年に、劇場版「カードキャプターさくら」と同時上映されたものを見て衝撃を受け、あれからずっとメディア化されるのを待っていました。
ノーカットで、堂々5分間の作品です(笑)。
しかし、原作のミステリアスさ、ドラマチックさが存分に表現された美しい作品です。

ヒロインは、スゥという名の12歳の美少女。
スゥとは、中国語の「4」です。彼女は、4つ葉のクローバーというわけです。
でも、彼女が幸せになれるか、誰かの幸せになれるかは不明。
彼女が人を好きになることには、とてつもなく大きなリスクがあります。
どれくらい大きいかというと、宇宙最大のリスクと言えるのですが(笑)。

漫画の「CLOVER」は、ベスト装丁賞をあげても良いくらい、個性的な装丁の上、漫画そのものがまた形式においてもユニークです。
1999年に連載が終わり、その個性的なコミックスも4巻発売されましたが、いまだ未完。
CLAMPさんは続編を描く気もあるようですが。

|

« 夢のない眠りで起こること | Main | 病気は全て心因性という考え方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 芸術的アニメ作品:

« 夢のない眠りで起こること | Main | 病気は全て心因性という考え方 »