« 人間に赦されないこと | Main | セレンディピティ »

2007.02.23

雛人形の正しき新説

雛人形をいつまでも飾っていると婚期が遅れるなんて言いますよね(笑)。
こういうことって、いつまでも雛人形をしまわないので、ごろっと横になる場所がなくなったお父さんやお兄さんの間で言われだした・・・程度のことと思います。実際には、そんな話の由来は全くありません(あっても真実のはずもないし)。
例えば、現代ですら、行事の際にいちいち気にする人のいる「大安」「仏滅」なんてのも、明治時代の賭博師が勝負の運をこじつけるのに言い出しただけのもので、仏教とは何の関係もありません。

で、雛人形を販売する会社のサイトを見ると、雛人形を母親から譲り受けたり、姉妹で共用することを、さも深刻そうに「おかしなことです」「感心できません」や、控え目なものでも「お1人1つが望ましいです」とかあります。
「譲り渡しなんて絶対にやってはいけない」なんて過激なものもありました。
その根拠は、雛人形というのは、女の子の一生の災厄を身代わりに引き受けるからというものです。これは日本に古来からある人形(ひとがた)に罪を託し水に流すというものと結びついたもののようです。
ただ、人形(ひとがた)の場合は、災厄の元である罪や穢れを祓うというものであり、災厄そのものを引き受けるわけではありませんので、本来は話が違います。罪を人形(ひとがた)に託すには、それなりの敬虔さが要求され、悔い改めを形にしたもので、これはこれで意味がありますが、雛人形が災厄を引き受けるというのも、誰かが勝手に言い出したことでしょう。その伝承の由来なんて、それらのサイトに書いてありません。
昔は現在と比較にならないくらい、幼児の死亡率が高かったことも、何かすがるものが必要だったということかもしれませんが。

では、私が新設を作りましょう。
雛人形は多くの女性が大事にすればするほど幸福をもたらすものであると。
普通に考えると、こちらの方が自然です。特に、職人さんが丹誠込めて作った雛人形を1人の独占にするなんておかしなことです。
まあ、「人形職人は貧しくて・・・」なんて言われると、確かに弱いですが。

しかし、あたかも母親に不安を与えるように、「1人に1つ必要だ」と言うのも感心できません。
言うまでもありませんが、自分専用の雛人形を持っていても、次から次へと災厄に見舞われる女性もいれば、家に一度も雛人形が無かった女性が幸せな一生を送ることも珍しくはありません。
断言しますが、雛人形の有無と幸福や災厄は何の関係もありません(当たり前だ)。
土台、雛人形を独占で1つ持つより大切なことが沢山あり、その多くができていないのに、雛人形で幸福を・・・なんて滑稽であることはすぐに分ります。

それに、子供たちの間でも、「自分専用の雛人形を持ってる子」とそうでない子で、微妙な、あるいは、露骨な差別が生ずることもあるでしょう。また、家に1つの雛人形もない子が辛い思いをすることはかなり多くあるでしょう。児童養護施設(昔で言う孤児院)ではどうでしょう。
そんな子のことを思いやり、親が立派な雛人形を買ってやろうと言っても断る子が本当に立派であることは間違いありませんし、その理由は親御さんも喜ばせることでしょう。この場合は、やはり雛人形は購入し、雛人形を持っていない子を招待して、「これはあなたのものでもある」と宣言し、それを証するために一緒に雛人形の前で写真を撮るなども良いかもしれません。心無い子が「他人の家の雛人形がお前のものであるはずがない」と言っても、大事なのは心であることを教える良い機会ができたことを喜べば良いでしょう。

以前、このブログでも書きましたが、宗教儀式で白い衣装が必要とされていても、それが用意できなくて辛い思いをする子供がいるよりは、自主的に普通の服で儀式に参加する子が大勢いる方が、もしその宗教が真に良いものであるなら、むしろ正しい儀式になるはずです。

|

« 人間に赦されないこと | Main | セレンディピティ »

Comments

なんと言うスッキリした理に適った話でしょうか!!
Kay殿バンザイ!素晴らしい!!

『では、私が新設を作りましょう。』
      ↑
いいなぁ~!何と「力」のある言い出しなんでしょう。
私も迷い無くこうして言えばよかった、、、
店員さんの話より、何度も反芻してしまいましたワ。

Posted by: 華文字 | 2007.02.24 06:20 AM

華文字さん、こんにちは。

今後は、パクリのKayとお呼び下さい(笑)。
昔から言います。ネタが無くなったら華文字さんのブログを見よと(言わん言わん)。

で、ここはひとつ、惰性ポチをお願いしたいと思うのですが。
え?信念はないのかって?今日、生ゴミの日だったんだ(出したのか~!!)
日本は、暖かくて、花粉症の私は大変です。
私って、デリケートだしぃ(バリケードの間違いじゃないの・・・)

Posted by: Kay | 2007.02.24 04:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雛人形の正しき新説:

« 人間に赦されないこと | Main | セレンディピティ »