« 私だけが存在する | Main | 太陽の芸術、月の芸術 »

2007.02.15

オール1が教師になることについて

書店で、「オール1の落ちこぼれ 教師になる」というタイトルの本を見た。
いったい、どんな意図で付けたタイトルなのだろう?
このタイトルを見て驚くような、マインドコントロールされた人間がまだまだ多いということだろう。
オール1の落ちこぼれが教師になって、何の意外性があろうか?
私なら、
「オール1の落ちこぼれ 詐欺師になる」
「オール1の落ちこぼれ 強盗になる」
「オール1の落ちこぼれ 売春婦になる」
などの方がまだ意外だ。

解説するのも馬鹿馬鹿しいがやってみよう(笑)。
「AがBになる」が意外なのは、Aの価値とBの価値に差がある(と認識される)時だ。
「オール1」そのものに何ら欠陥はないが、「おちこぼれ」を付けることで価値を落としている。ここは著者の主張を受け入れるという理由だけで、「オール1」を低いものと仮定する。相手に敬意を払い、一応は理解を示すということは人間関係の基本だ。
ただ、もう一方に関しては、「教師になる」と言ってるだけで、「教師という素晴らしいものになる」という価値付けをしていない。
なら、幼稚な変態だらけの教師が「オール1」よりマシである理由は何もなく、なんら驚くべきことではない。むしろ、「オール1」の本来の価値が低い理由は何もないことから、「オール1のまともな人間が、教師という馬鹿げたものになった」と捉えるなら、それはそれで良いと思う。

こんなタイトルが狙い通りの効果があるうちは、やはり教育界はダメであろう。

|

« 私だけが存在する | Main | 太陽の芸術、月の芸術 »

Comments

ちょっと今回の記事は理解できない。

オール1って学校の基準でオール1でしょ?

教師になるためにはとうぜん、教員免許が取れる大学に行かなければならない。

大学に行くためには
まず高校を卒業、か、大検を受けて合格して

大学入試を受けて、学校の基準を満たした点数をとって合格しなければならない。

エリートがなる職業だ。

たしかにオール1だからといって本当に頭が悪いとかそんなものは解らない。

病気とかそんなもので、テストを受けられなかった、とかそんな理由かもしれない。

「おちこぼれ」と書くことによって、
みんなに優越感を感じさせる。

ホントは頭がいい悪いの前に環境が悪かったから勉強が出来なかったとか、まあ多分そんな感じなんでしょう。

オール1の人が教師になるなんて、普通に凄いと思います。

オール1でなくても教師になれない人なんてごまんといるのに。

「オール1の落ちこぼれ 詐欺師になる」
「オール1の落ちこぼれ 強盗になる」
「オール1の落ちこぼれ 売春婦になる」
ちっとも意外ではない…。
むしろ滝から水が流れ落ちるかのようになぜか自然なことに思える…

私はマインドコントロールされてるんだろうか?

どうしたらマインドコントロール、解けますかね?

Posted by: 味噌汁 | 2009.10.11 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オール1が教師になることについて:

« 私だけが存在する | Main | 太陽の芸術、月の芸術 »