« 本当の自分は見つけられるか? | Main | 授けられた福音 »

2007.01.14

永遠の対価

何かを得るには、対価を支払わねばならないのがこの世の鉄則だ。
お金の対価は物かサービスだし、恋愛の対価は忠誠である。
これらの対価と報酬は全て一事的なもので、すぐに失われる。
本当は、ZARDの「DAN DAN心魅かれてく」の歌にあるように「人は誰でも永遠を手に入れたい」ものだ。
永遠とは無限だ。そして、無限の対価は有限全てであり、不死の対価は死だ。
ところが、この支払いは意外にたやすい。なぜなら、元々が自分のものなど何一つないからだ。自分のものでないなら手放せば良い。すると、無限を手に入れる必要はないことが分かる。自分そのものが無限以外の何者でもないからである。

20070114

久々にお絵描きしました。彼女が見ているのは鏡です。
鏡とは、来るものは何でも映しますが、去れば痕跡を留めません。自分を無限であると了解した者は鏡のようであると言われます。
絵をクリックすると、大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 本当の自分は見つけられるか? | Main | 授けられた福音 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永遠の対価:

« 本当の自分は見つけられるか? | Main | 授けられた福音 »