« ビエラの小雪さんのCM | Main | 成人式 »

2007.01.08

酒とカチューシャ

アルコールを愛した芸術家として私が思い浮かべるのは、画家のアメデオ・モディリアーニと作家のエドガー・アラン・ポーだ。
そのせいか、2人とも肉体的・精神的に健康でなく、長生きしなかったが、酒が確実に彼らの芸術的イマジュネーションを拡大させたように思う。
まあ、覚醒剤を使う芸術家も多いと聞くので、それよりは良いと思うが、音楽や瞑想、あるいは、酒でも適度であれば良いのにと思う。
酒というのは、溺れる前にきちんと考えておいた方が良いかもしれない。
私もいよいよ二十歳を過ぎ(笑)、いろいろ飲んだが、身体に良いと聞く焼酎は味が好みでないし、ワインは飲みやすいこともあり、量が増え、意外に悪酔いする。やはり、ブランデー、スコッチ、バーボンといったところが好きだが、これらは量が多いと健康に悪い、つまり、残りやすい。これらは、ごく少量をたしなむこととしている。特に、私はストレート主義なので。
そして、今のところ気に入ったのはウォッカだ。きつい酒というイメージがあるが、ウイスキーなどと変わらない(スピリタスという96度のお化けもあるが、これは例外)。カクテルのベースにすることが多いが、この香りも味もない酒は気持ちよく吸収され、焼酎と同じく蒸留酒で、残りにくい。これに関しては水割りが良いと思う。
ジンもウォッカの仲間の蒸留酒で、実は身体に良い。もともとは薬だった。ウォッカに比べ、独特の香りが特徴だ。この、ねずの実の香りは、慣れると実に良いと思う。こちらは、グレープフルーツジュースで割るなどすることもあるが、ストレートでもなかなかと思う。
私の飲酒生活は健康的である(笑)。

20070108

似てなくても、カチューシャと戦闘服で分かる国民的ヒロイン(フランス人だけど)を描いてみました(笑)。2002年版では19歳ですが、元々は16歳だったらしいです。

ちなみに、ヘアバンドをカチューシャというのは日本特有のもので、本来はトルストイの「復活」の女性登場人物の名前です。日本の舞台で、カチューシャ役の女優が付けていたC字型ヘアバンドをカチューシャと呼ぶようになりました。
クリックすると、大きな絵がポップアップで出ます^^;

|

« ビエラの小雪さんのCM | Main | 成人式 »

Comments

Oh~! 
00Kですねぇ。萌えます。
戦闘美少女にも弱いidです(^^;
ちなみにお酒はテキーラかな。

Posted by: id | 2007.01.09 05:22 PM

私の絵程度で萌えていただけて嬉しいです。
では、次は脱がせます・・・と思いましたが、戦闘服がないと誰か分からない危険性が高いのでやめます^^;
しかし、このキャラのせいで、昔の日本人男性は、フランスの女の子はみんな優しくて可愛いと大誤解したそうです(笑)。
テキーラですか?私も何人か、これが究極だという方を知っています。しかし、私は飲んだことがありません。今度、飲んでみます。
岸田先生も、お酒はなかなかお好きなんじゃないかと思います。酒はリリンの生み出した文化の極みです・・・って、意味が分からない場合はすみません^^;;

Posted by: Kay | 2007.01.09 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 酒とカチューシャ:

« ビエラの小雪さんのCM | Main | 成人式 »