« デジャヴ | Main | 風邪の治し方 »

2007.01.28

追憶のヒーロー

池田満寿夫さんがモディリアーニを好きなのは、高校生の時に読んだ、モディリアーニの三文小説の影響であったらしい。実際のことはほとんど分からない謎の画家モディリアーニのフィクションであるのだが、そのエロチックでドン・ファン的な架空のモディリアーニ像に憧れたようだ。
ところで、そのドン・ファンについて、私は思い違いのイメージをずっと持っていた。ドン・ファン伝説は単純なもので、女たらしの色男ドン・ファンが、最後は自分が殺した男の石像に地獄に引き込まれるというものであるが、私は子供の頃、何かの本で読んだドン・ファンの全く別の話を憶えている。
このお話では、ドン・ファンが最後に口説くのは、深手を負ったところをかくまわれた修道院で、手当てをしてくれた清らかな15歳の修道女だった。40歳のドン・ファンは、青年のように彼女に囁いた。そのような経験のない彼女は、その時はうっとりとしたものの、後で罪の意識から命を絶った。ドン・ファンは激しく悔やんだとあったと思う。
ドン・ファンの名前がタイトルにあった本で、「ドン・ファン的人物」として書かれていたのかもしれない。

20070128

そんなわけで、15歳の穢れなき修道女を描いてみました(^^;
手元は何かのお仕事中ですが、決してダイコンを切っているのでも、サンマを降ろしているのでもありません(笑)。

「合コンですか?あたし、そういうのよく分かりませんので・・・」というセリフが聞こえてくれば良いのですが(笑)。
絵をクリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

|

« デジャヴ | Main | 風邪の治し方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 追憶のヒーロー:

« デジャヴ | Main | 風邪の治し方 »