« 成人式 | Main | 世界は私の腕の中 »

2007.01.10

信じる者は救われる?

「信じる者は救われる」と言ったのはイエス・キリストだったろうか?
しかし、本当だろうか?(笑)
英国映画「フェアリー・テイル」のキャッチコピーは「信じていれば必ず逢える」だった。
人気アニメ「カードキャプターさくら」のオープニング曲の1つ「プラチナ」の中には「信じる、それだけで越えられないものはない」という詩がある。このアニメの原作者CLAMPさんも、この作品の前の作品である「魔法騎士レイアース」で、「信じる心が力になる」をキャッチフレーズにしてたように思う。

ところで、「信じる」というのはどういう意味だろうか?
それが正しいと無批判、あるいは、吟味せずに受け入れることだと思い込んでいる人が多いが、もしそうなら、これほど破滅的なことはない。
親や学校の教えを無批判に信じ込まされ、救いようのない状態に陥りながらそれを自覚できないでいるわけである。

「信じる」とは、それを試してみる決意をすることである。
この意味であれば、これは力になり、あらゆる障害を越え、必ず救われる。多分・・・(笑)。

|

« 成人式 | Main | 世界は私の腕の中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信じる者は救われる?:

« 成人式 | Main | 世界は私の腕の中 »