« 変化 | Main | 崩れていく世界 »

2007.01.02

年女考

女盛りの年女といえば、12歳、24歳、36歳となるだろう。
12歳からいえば、本来、12歳というのは、英雄をも動かす神秘で危うい年頃である。
しかし心配無用(?)。今の日本の12歳は全く魅力はない。
これは、甘やかされているというか・・・やはり狂気の収容所ともいえる学校の中で歪んでしまっており、自然の状態とかけ離れているせいと思う。なんといっても知性がない。
人間は、必要なことを行い、不必要なことをしないことで、自然のままの本性を伸ばしていけるのである。
24歳は、少し昔であれば年増で、やや盛りを過ぎたという印象があったが、今はスキンケアが発達して、この年頃でも10代と全く遜色ないどころか、はるかに優れていることも多い。紫外線にも当たらないし、多くが独身で生活の苦労もあまりないので、若さを保っている。ただし、これも12歳の場合同様、年齢に見合った知性が全くない。外見的な魅力だけになっている場合が多いように思う。
36歳ともなると、半分以上は人間的魅力が占めるようになる。知性や精神性を育んでいないと、魅力がなくなってくる年齢である。ただ、やはり昔に比べると、こと外見においてはまだまだ女盛りである。
マリリン・モンローがこの年齢で亡くなった時、世界には、彼女のために山をも動かそうといいう男性がいくらでもいた。はっきりいって、彼女の内面は問題にされなかったので、外見とイメージの持つ力は大したものであることが分かる。もっとも、それは幻想の力である。

20070102

そんなわけで、代表して12歳が新年のラクガキです。
私が描くと、ハッピー・ニュー・イヤ~ンとなりますね(マ、マテ・・・)。
クリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

|

« 変化 | Main | 崩れていく世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年女考:

« 変化 | Main | 崩れていく世界 »