« 流行語大賞から考える | Main | 聡明さの謎 »

2006.12.02

極意

極意・・・誰しも、自分の目指す道でそれを極めたいと思うだろう。それがなくなったら人生、終わりかもしれない。
しかし、イチローですらバッティングを年々進化させ、新しいやり方に挑戦するのだから、たやすく極意を得たと言うことはできまい。
だがしかし、逆に、極意は先に分かってしまうということもあるかもしれない。

例えば、絵の極意であれば、つまるところ、描かなということと思う。
詩でも小説でも、その極意は、やはり書かないということだろう。
写真の極意であれば、撮らないとなる。

極めたわけではないが、私はコンピュータプログラミングの一応は上級者だが、その極意はやはりプログラミングしないことと言える。

中島敦の短編に「名人伝」というのがある。
弓の名人を志した男が修行を重ね、ついに名人となる。
だが、弓を極めたその男は弓を取らない。
年月は流れ、名人は、どこかで見たことがあるが、それが何か分からないというあるものを見る。それは・・・弓だった。

「沈黙の聖者」ラマナ・マハリシに謁見した者の多くは気付く。沈黙こそ最大の雄弁であることを。

20061202

本日のラクガキ。
ラクガキの極意は・・・なんだろう?(笑)。

|

« 流行語大賞から考える | Main | 聡明さの謎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 極意:

« 流行語大賞から考える | Main | 聡明さの謎 »