« 真の勇気とは | Main | 小市民の就職案内 »

2006.12.15

真の幸福とは

さて、「真の自由」、「真の勇気」ときたので、今回は「真の幸福」についてである。
幸福についての面白い定義をいくつか聞いたことがある。
例えば

幸福とは夢中になることである

これは分かりやすい。夢は、それをかなえるよりもかなえる過程の方が楽しいはずである。
しかし、最近は、誰かにかなえてもらう夢や、すぐにもかなう夢しか分からない人が多く、これらの人は幸福と無縁ということになる。
他には、

幸福とは自己満足である

なかなか正直な意見であるし、的は外していない。
その人の自己満足が人類に恩恵をもたらすこともあるし、逆に災難となることもある。能力の高い人の自己満足には注意が必要である。
誰が言ったのでもないが、こんなのはどうか?

幸福とは幸福であることを知ることである

幸福であることを忘れることで不幸と感じる。
これは、アンデルセン童話「モミの木」の教訓でもある。
この童話では、モミの木は、幸福が奪われた時に初めて幸福だったことを悟る。それでは遅い。
ただ、このお話に書かれてはいなかったが、幸福を奪われた後も実は幸福であるのだ。

実際には、日本に生まれたことが最大の幸福ではないかと思う。
若い間なら、少し働けば、好きなものを好きなだけ食べられる。凍えることも、戦争に行くこともない。危険に遭うことはないではないが、その可能性は低く、さらに少なくすることも自主的にできる。
馬鹿げた学校制度のおかげで、精神的には貧しいのであるが、運が良ければ、学校と関わり無く生きることで賢くなることもできる。

さて、小説などでも「幸福とは?」というテーマを扱ったものも多いのだろうが、私がよく憶えているものがある。
CLAMP原作のアニメ「ちょびっツ」である。人型パソコン(早い話がアンドロイド)であるちぃ(見かけは15歳くらいの超美少女)を愛する秀樹は、初期化され、記憶の一切をなくしたちぃに言う。「ごめんな。幸福とは何かを教えてやれなくて・・・(中略、というか憶えていない^^;)・・・幸福ってのは、一緒にいることなんだ」
これって、加山雄三の「幸せだなあ、ボクはキミといる時が一番幸せなんだ」と同じような気もするが、フツフツと湧き上がる幸せというよりは、もっと静かで意識されないものと思う。
そこで、初期化されたはずのちぃの目に涙が溢れ、なぜか記憶が復活する(ファイル復帰ツールが作用したか?^^;)。
しかし、秀樹はなかなかのものだと思う。ちぃが人でなくパソコンであるだけに、その愛は純粋である。
一緒にいること以外、何も求めない愛・・・いいですね!(笑)
しかし、まだ欠点がある。「一緒」というところである。では、一緒でないといけないのか?このブログでもあひるのワルツオルゴールを貼っているアフラックのCMのように「一緒が嬉しいね」は、「一緒じゃないと悲しいね」となるのか(※当方、アフェリエイトは一切やっておりません。単に面白いから貼ってるだけ)。
米米クラブの歌でもあったではないか。「例えばキミがいるだけで」って。愛する人がここにいなくても、ただどこかで存在しているというだけで幸福なはずである。どこにいようが、いや、たとえ死んでしまっていようが存在する。心の奥深くに。
存在ということ自体が幸福なのである。

|

« 真の勇気とは | Main | 小市民の就職案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真の幸福とは:

« 真の勇気とは | Main | 小市民の就職案内 »