« 消し去りたいもの | Main | 愛すべき豪傑 »

2006.12.26

強い女の幻想

かなり昔だと思うが、「女は強くなった」と言われるようになった。
しかし、そう言われるようになってから、実は女は弱くなった。
女は元々強い。
ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」の「自信を持って(I have confidence)」という歌に、「強さは数じゃない。強さは富でもない」という詩がある。
物質やみかけの強さを求めると弱くなるのである。

最近、テレビで、あゆ(浜崎あゆみ)やエビちゃん(蛯原友里)を見ていると思うが、彼女達は女ではない(?)。男の強さを目指しているように思う。
誤解されている強さ、つまり偽者の強さとは、屈辱を与える側であるということだ。彼女達については噂だけなので事実ではないが、雰囲気だけでいうと、男に屈辱を与えて喜ぶ女と感じる。
つまり、わがままを押し通せる存在であるイメージが強い。そんな雰囲気が若い女性に受けているのである。そして、わがままを押し通せる最強の立場が、相手に屈辱を与えて容認されることであり、特に、女が男に屈辱を与えることがその最たるものとなる。
最近、不気味に性格の悪い女が多いのはそのためである(ぉ)。
しかし、女に屈辱を与えて喜ぶ男が弱いのと同様、傲慢な女も当然弱い。

では、「自信を持って」の歌では、「強さ」とは何であると言っているのか?
Strength lies in nights of peaceful slumbers.
直訳なら中学生でも可能だが、「強さは、平和な眠りの夜の中にある」と、全然意味不明(笑)。
映画の字幕では、「ぐっすり眠って元気いっぱい」とあった(笑)。そんな意味なのか?^^;

真の強さとは言葉で表せるものではない。
あえて言うなら、否定形でのみ表現できる。
「強さは富か?」
この質問に「イエス」と答えるなら、その者にとって強さは富であり、富を持たないと弱いということになる。
「ノー」と答えるなら、その者にとって強さは富でない。
「では、腕力か?」
「美貌か?」
「家柄か?」
「学歴か?」
これら偽者の強さにノーと答え続けることでしか、強さを表現することはできない。

|

« 消し去りたいもの | Main | 愛すべき豪傑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 強い女の幻想:

« 消し去りたいもの | Main | 愛すべき豪傑 »