« 極意 | Main | イルミネーション »

2006.12.03

聡明さの謎

朝起き、アニメ「雪の女王」の感動的な27話のDVDを見、絵を1枚一気に描き、明るい日の光を浴びた時、不意に天啓を得た。岡本太郎の爆発であり、ロマン・ロランの太洋感情であり、イェイツのエクスタシーであり、夏目漱石の天賓である。
以下は、別に人に聞かせる意図もないが、忘れないように日記に書いておこうとしたことである。理解すると天才になり、何をやってもうまくいく。こう言うと、必ず「保証するか?」と聞く者がいるが、そんな者は何をやっても絶対に成功しない。

私は謙遜で言うのでなくお馬鹿なので(笑)、「頭が良くなる」という本に興味があり、片っ端から読んだ。おかげさまで、昨今の「脳トレ」が全部馬鹿げたものであることは簡単に分かる。
「頭が良くなる」「能力が上がる」なんて本は履いて捨てるほどあるが、そのほぼ全てが、実際に履いて捨てて欲しいデタラメである。
その中で、中山正和(故人)さんの本が分からないながら印象に残った。中山正和さんのNM法と呼ばれる頭脳開発手法は、IBMなど、米国の一流企業で採用され、成果を上げていると聞くし、中山氏自身も優れた発明家であるらしい。
中山氏が言うには、頭が悪いのは、脳の「イメージ配列」が乱れているからであるらしい。そして、このイメージ配列を乱す原因は「嘘の情報」である。例えば、「水と油は仲が悪いので産油地帯に雨は降らない」(笑)といった嘘を頭にインプットすると馬鹿になる。
この「産油地帯に・・・」の話は、以前は波動、今は水の結晶の本が売れている江本勝氏の本にあるが、このように、現在の日本でも嘘の情報はいくらでも入ってくるので、馬鹿が増えているのである。
ちょっと話がそれた。
中山氏の言うには、頭のイメージ配列をきれいにする極意は、最も短いお経である「般若心経」であるらしい。そして、般若心経の極意はというと、「くよくよしないことですよ」と言う。仏教の教えの重要なものに「妄想するな」というものがあるが、くよくよすると妄想が広がる。妄想とは嘘の情報であるから、ますます頭が悪くなる。妄想する暇があったら、般若心経の最後の部分の呪文を唱えれば良い。この呪文、やれ原語の「ガテーガテー」でないといけないとか言うものがいるが、どっちでもよろしい。気を紛らわせば良いのであるから。
そして、これは中山氏が言ったのではなく、私が言うのだが(笑)、あらゆる呪文に優るのは、自分に「私は誰か?」と問うことである。ちょっと宗教マニアっぽいが(笑)、これは合理的である。要は、つまらない考えを起すのをやめれば良いのであるが、つまらない考えは休むことなく起こるものである。ところで、それらの考えは誰に起こるのかと言うと「私に」である。その私は何かと尋ねることは、考えの首根っこを押さえるようなものであるからだ。「私は誰か?」と問い続けると、覚醒(悟り)に至るそうであるが、それはよく分からない(笑)。
The Magic Story(マジックストーリー)というものがある。アメリカで100年も前に雑誌に載ったそうだが、少し前にようやく翻訳が出た(原文は著作権切れで、Web上で入手できる)。30分もあれば十分に読める短いお話だが、これを読むと、たちどころに幸運に恵まれ、何をやってもうまくいく。失業者であれば仕事が向こうから押し寄せ、お金が必要なら、たちどころにお金持ちになるアイディアが出てくる。なかなか眉唾であるが(笑)、書いてあることは本当だ。これは頭の配列をきれいにする効果のある話であることが分かる。

人間の頭脳には、計り知れない高度なプログラムが組み込まれている。中山氏は、これを宇宙プログラムとか生命と呼び、Xと略した。このXがちゃんと表面に現れれば人間に不可能はない。しかし、頭のイメージ配列が乱れれば、これが歪んだ形でしか現れず、何をやってもうまくいかない。動物には、Xの簡易版である本能が組み込まれているが、動物の頭のイメージ配列はいつもきれいなので、本能に従っていればうまく生きられる。
フロイトは、人間は本能が壊れていると言ったが、本能より高度なXが歪んだ形で現れるのであるから、ほとんど狂気であり、そう解釈するのもやむを得ない。
尚、中山氏によると、頭脳の構造を極めた者が表した究極のものが「法華経」と「正法眼蔵」であるらしい。わが国の偉大な数学者である岡潔氏(故人)は、意味が分からないながら「正法眼蔵」を座右の書としていた。そして、「正法眼蔵」を読み始めて20年経った時、天啓を受け、一瞬でその全てが理解できたという。中山氏も同じ経験をしたらしい。

20061203

昔、NHK教育テレビで「コレクター・ユイ」というアニメがありました。当時は、セーラームーンの影響か、変身シーンではオンナのコの魅力全開でした。
セーラー戦士たちの変身シーンもセクシーでしたが、ユイの変身のフィニッシュでの表情はそれを圧倒していました。それはあきらかにエクスタシを表していました。
中世までの絵画の世界でも、女性の目を半開きで描くと、猥褻と非難されたそうですが、そう言う者が一番いやらしいと思いますね(笑)。
絵をクリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

|

« 極意 | Main | イルミネーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 聡明さの謎:

« 極意 | Main | イルミネーション »