« ミュー | Main | 極意 »

2006.12.01

流行語大賞から考える

予想通り「イナバウアー」が流行語大賞となりましたね(もう1つは「品格」)。ところで、フィギュアスケートで、選手の名前に由来する技は、わずか4つしかありません。アクセル、サルコウ、ビールマン、そしてイナバウアーです。
これが体操競技となると非常に沢山ありますね。私もあまり詳しくはないですが、現在でもよく聞くトカチェフ、マルケロフ、ギンガーなどはかなり昔の男子選手です。
1970年代にアレキサンダー・トカチェフが初めてトカチェフを見せた時は、両手での車輪から、脚を開いて飛びましたが、会場はどよめき、選手達は青ざめたと聞きます。それがいまや、閉脚でやったり、連続でやったり、片手でやったり・・・いや、恐ろしいものです。
ところで、男子でも女子でも、ほとんどあらゆる種目で見られる「月面宙返り(ムーンサルト)」ですが、これは塚原直也選手のお父さんの塚原光雄さんが開発した技で、塚原光雄さんはこの技により鉄棒でオリンピック2連覇しています。では、なぜ「ツカハラ」ではなく「月面宙返り」なのかと言いますと、既に跳馬で「ツカハラ」という技を開発し、名前が使われていて、別の名前をつける必要があったからでしょうね。

私の専門のコンピュータソフトウェアの世界でも、いろいろな人名がついたものがあるのですが、これがなかなか味わい深いです。
Pascal言語は、フランスの数学者・哲学者のブレーズ・パスカルの名前を取りましたが、発明者はスイスの計算機科学者ニクラウス・ヴィルトです(かなりの偏屈おやじです^^;)。
最近、最もよく使われるJava言語は、「ジャバ」と読みますが、インドネシア諸島のジャワ島からきています。ハウスジャワカレーと同じですね(笑)。ちなみにJavaの開発者はジェームズ・ゴスリングです。
人名が付いたプログラミング言語で思い浮かぶのは、世界初のプログラマと言われるエイダ・ラブレイス夫人の名をとったAdaですが、現在はほとんど使われていません。
コンピュータプログラミングのちょっと変わった記述法に逆ポーランド記法というのがあります。数学の計算式の書法の1つであるポーランド記法を計算機向きにしたものですが、考案者のヤン・ウカシェヴィチの名前が難し過ぎたために、祖国の名前が付けられたというものです(笑)。
祖国の名前が付いた技といえば、プロレスを思い出します。アルゼンチン・バックブリーカー(アルゼンチン式背骨折り)という技は、アントニオ・ロッカという往年の名選手が発明した技で、最初は「ロッカ・スペシャル」と言っていたのが、ロッカの祖国の名前に変わってしまいました。ロッカは生まれはイタリアのようです。尚、アントニオ猪木さんの名前は、このアントニオ・ロッカから取ったという説もあります。
対して、シュミット流バックブリーカーのように、発明者ハンス・シュミットの名前を残したものもありますが、概して格闘技の技は発明者の名前が残るのは稀なようです。

ところで、世界一の大富豪ビル・ゲイツは、現在のところ、何かに名前を残してはいないように思います。
私は、彼は大学を作れば良いように思います。スタンフォード氏がそうやって名前を残したようにね。
ゲイツ大学・・・いいですね!(笑)ちなみに彼は、ハーバード中退です。マイクロソフト共同設立者のポール・アレンも、ライバル(?)スティーブ・ジョブズとその相棒だった天才技術者スティーブ・ウォズニアックも、さらにゲイツの強敵ラリー・ヘリスンもみんな大学中退。真に賢い人は中退するのです(?)。

|

« ミュー | Main | 極意 »

Comments

まったく認知されていませんが、私の敬愛する大前研一さんが『BG AG』と言われていますね。『BC AC』に習って、before Gates after Gates ウインドウズ以前、以後はキリスト紀元に匹敵するということですね(^^;

私はもちろん『BK AK』岸田紀元説をとります(きっぱり)。

Posted by: id | 2006.12.02 04:40 PM

もっと認知されていませんが、私の敬愛するアーサー・ケストラーは、広島原爆投下の年をPH元年として、西暦を「時代遅れの暦」としておりました。
BK AK・・・う~ん、いいですね^^
私は最近、やはり、「全てはマーヤー(幻想)」と喝破したインドの聖者ラマナ・マハリシにこっています。ただ、マハリシは、幻想を打ち破ると、真の自己が輝くというあたりは、岸田先生と絶対的に違うところです。
まだ岸田先生への帰依度合いの足りない私は、ちょっと研究してみます。ただ、マハリシ関係の書籍は高い・・・いえ、書籍自体は良いのですが、アマゾンで注文する際、ついでにアニメのDVDを注文するからいけないのですが・・・^^;;

Posted by: Kay | 2006.12.02 08:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 流行語大賞から考える:

« ミュー | Main | 極意 »