« 緊急に子供を救うには | Main | 夢の自己開発法 »

2006.11.14

子供を学校から解放せよ

子供たちを一刻も早く学校から解放しないといけない。
学校教師の中にはいつでも子供に致命的な被害を与える可能性の高い逸脱者が蔓延しているのに、学校は教師の犯罪的行為は直接的な殺人でもない限り全て容認される異常な無法地帯である。
フリースクールも良いが、やはり社交性や逞しさ、現実対応能力、リテラシーを築くのに弱い部分がある。
かといって、同じ年齢の子供を集めて、同じ時に同じように考え感じることを強要する教育による歪みは悲惨であり、放置すべきでない。
子供は地域社会に参加し、まともに社会で生きる大人と接しないといけない。企業の力が必要である。タダでは困るから、学校で無駄にしている費用を、企業による子供の教育目的に回して欲しい。
子供にとって、会社など、働く場はエキサイティングで荘厳な場である。そこで働く、権威など全くまとっていなくても威厳ある熟練の社会人を見、そこで教わることはどんなに素晴らしいことか。教えるといっても、忙しい社会人がべったり教えるはずがない。また、タダで教えてもらえるものでもない。雑用・使い走りでコキ使えば良い。それが虐待にならないよう監視するのは良いことであるが、やはり政府が金銭的補助を行うことが重要だ。
企業に併設する学校は良いと思う。現在の学校は解散すれば良い。無用である。勉強のための勉強が退屈で身に付かないのは当然のことである。まあ、ごく初期の教育に関しては、学校形式も良い場合もあるかもしれないが、高校3年まで小学1年の真似をさせるのは異常である。

早急に、この線で検討を始める必要があるはずだ。
当然、問題も多くあるだろう。しかし、現在の学校よりははるかにマシなはずである。

|

« 緊急に子供を救うには | Main | 夢の自己開発法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子供を学校から解放せよ:

« 緊急に子供を救うには | Main | 夢の自己開発法 »