« 夢の自己開発法 | Main | 日本人形でなくなった美人タレント »

2006.11.16

幸運

「幸運」という言葉は誰しも好きであろう。
アマゾンで「幸運」で和書を検索すると610件もヒットし「幸運を引き寄せるスピリチュアルブック-“不思議な力を味方にする8つのステップ”」はじめ、人気霊能者の江原啓之氏の著書が上位を占める(いったい何冊書いてるんだ^^;)。
全体として、努力もなく、なにやら不思議なパワーの使い方の秘法を教えるようなもので、このようなものは何百年、何千年の大昔からあり、なぜか人気は衰えない。

「幸運を得たい」気持ちが強いと、「損をしたくない」という気持ちが大きくなる。一般人の多くにその傾向が大きいことは実感できることがある。
世の中のルールは、簡単に言うと、「後から来たら、後ろに並ぶしかない」というものである。
ところが、電車の入り口では、後から来たにも関わらず、あわよくば先に乗ろうと虎視眈々と狙う者が多い。いや、決して後ろに並ぼうなどと考えない人もかなり多い。ある時、たまたま私が一番前に並んでいたのだが、電車が到着すると、横に立っていた人が入り口にぴたっと張り付く。私の後ろに居た人が私を跳ね除け(笑)、その後ろに付く。「横に居た人が一番なんだから、まともに並んでいた私が2番になるのは当然」という論理であろう。私はどうなるのだ・・・(笑)。
で、並んでもいないのに一番に乗れたら「幸運」という訳であろう(笑)。

で、そんな時、私はどうするかというと、もちろん、後から乗る。
実をいうと、それこそ「幸運」を掴む本当のコツなのである。
「損をしたくない」と頑なに思っている間は絶対に幸運に恵まれない。よって、上記の書物を読んでいる者が、実際には最も不運なのである。
私は、根拠と統計万能主義のシステムエンジニアだが、このことに関しては、経験的・直感的に正しいとしか言えない(よって信じていただく必要もないが^^;)。

ダスキンの経営理念の中に「自分に対しては、損と得とあらば損の道をゆくこと」とあるが、なんとも素晴らしい言葉だ。私は以前、この言葉を職場の壁に貼っていたが、それを見て、何か意見を言った人の全てが「これはおかしい。得な道を選ぶのが当たり前だ」と言ったが、なるほど彼らは全員リストラされたなあ(笑)。対して私はなぜか倍の給料で他社に移ったが^^;
進んで損をする必要はないが、それこそ、電車を待っている時なら、割り込まれることを期待するくらいで良い。
思い出すのだが、幼稚園の時、幼稚園のイベント行事のお遊戯の会場披露が終わった後、先生からお菓子が配られた。みんなわれ先にと取りに行ったのだが、最後の一人の女の子の分がなぜか足りなかった。しかし、彼女は全く意に介しない雰囲気でいたが、やがて別の女の子が、自分のを半分受け取るよう言ってきて、その通りとした。感動的であった。
以下は妄言である。
お菓子が足りなくて受けとれなかった女の子は天使である。当時、私は人間と天使の区別が容易に付き、稀に人の中に天使が混じっていることを了解していた。彼女はお菓子が足りないことを知っていたので、他の子供たちにちゃんといきわたる様に、自分は取らなかったのである(天使だってお菓子は好きだ)。その天使に、自分のお菓子の半分を提供した女の子は普通の人間である。女の子が天使にお菓子を渡した時、私はめまいを感じた。数年後、夢で見たが、女の子が天使にお菓子を渡した時、周りの情景が一瞬で変わった。他の子供たちの動きが止まっている。外で飛んでいる蝶々も空中で止まっている。天使は、自分の姉の天使を呼んだ。よほど嬉しかったと見え、姉にその女の子の守護を頼んだのである。きっとその女の子は生涯、幸運であろう。

|

« 夢の自己開発法 | Main | 日本人形でなくなった美人タレント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸運:

« 夢の自己開発法 | Main | 日本人形でなくなった美人タレント »