« 村の鍛冶屋 | Main | 脳年齢 »

2006.11.10

バイオソニック購入

バイオソニックを購入した。
高度なテクノロジを有する化学工業の林原生物化学研究所の製品である。
ポケットに入る小型のBOXにヘッドフォンが付き、電車の中で取り出すと、MDプレイヤーのようなものと思われるに違いない。
では、何をするものかというと、「アルファー波・シータ波誘導装置」とある。

バイオソニックは、以前、パラメモリ、アルファシータという名称で売られていたものの改良版である。パラメモリでは「記憶力増強装置」とされていた。
バイオソニックでは、発売当時は新聞で、リラクゼーション装置のような言い方がされていたと思う。
バイオソニックの時からはあまり言われなくなったように思うが、発明者は2002年に亡くなられた政木和三さんである。

科学的理論としては、ヘミシンク効果を応用したもので、左右の耳で異なる周波数の音を聞くと、脳波はその2つの周波数の差の周波数に同調するという性質を利用して、特定の脳波に導くというものらしい。基準周波数は生体研究の結果、人間が心地よく感じる151Hzを基準にしてあるということだ。

ところで、アルファー波というと、一頃ブームになり、バイオフィードバック装置や、いろいろなアルファー波誘導装置みたいなものが販売されたが、別にそんなものを使わなくても、目を閉じれば自然にアルファー波になるという意見もある。
ただ、様々な活動時にアルファー波の脳波にすることは、高い能力を発揮できる可能性はありながらも難しいらしい。
そして、睡眠時の脳波であるシータ波を覚醒時に出すには、よほどリラックスしつつ集中した状態であることが必要で、将棋の名人の対局中の脳波がこれであるらしい。
私はパラメモリ時代からのユーザーであったが、ここ数年は使っていなかった。しかし、今月初め、原因不明の眩暈や吐き気で立つことも出来なくなった時、自宅にあったアルファシータを使う度に気分が良くなり、再び愛用を開始した。ただ、このアルファシータは、何年も放置したためか、やや調子が悪く、専用ヘッドフォンも駄目になっていたので、今回、バイオソニックを購入した次第である。

現在は、バイオソニックはアマゾンでも購入可能で、私もここで購入した。
アマゾンのバイオソニック販売ページ

|

« 村の鍛冶屋 | Main | 脳年齢 »

Comments

ついに本当の実力者が芸術に目覚めてしまいましたね。
私のような画家はこれから食べれなくなりますよ。
そんなことで私もブログの世界に踏み出しました。
また、私も教員をやってましたので様々な分野で
話し合っていけると思います。
私のページとも是非交流を御願いします。

Posted by: hitoshi | 2006.11.11 09:58 AM

hitoshiさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ブログを拝見させていただきましたが、多才な方ですね~。
いや、まだまだ見せていない部分もありそうで楽しそうです。
私で相手になれるかどうかは分かりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
教育は大事な問題ですね。日本の教育は危機的状況にありながら、ますます間違った方向に行きそうな気がします・・・というより間違いなさそうです。ただ、希望もなくはありません。この方面も、いろいろご教授下さい。

Posted by: Kay | 2006.11.11 08:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バイオソニック購入:

« 村の鍛冶屋 | Main | 脳年齢 »