« 大洋感情の起し方 | Main | マル禁の酒はなぜウマい »

2006.10.25

白雪姫の真実

白雪姫のお話は、グリムは何度も書き直したようですね。
最初は、お后は実母だったのが継母になったりです。
しかし、お后のビューティークイーンの座を脅かしたのが、白雪7歳の時というのは変わらずです(!)。

お后と鏡は、こんな会話をしたかもしれません。

后 「ミラーちゃん、この世で一番の美人はだあれ?」
鏡 「あんたやと思うけどなあ。白雪もエラいべっぴんになってきよったで」
后 「そうねえ。あれは男殺しになるわね」
鏡 「今はまだええけど、後5年もたってみい。白雪は12歳の乙女盛り。あんたはもう28や。とうが立つでえ」
后 「そーなのよねー。ダーリンも若い子が好きだから心配だワ。私がオバさんになっても泳ぎに連れてくタイプじゃ絶対ないわね」
鏡 「せやけどな、あんたも我が身を省みたら分かるやろうけど、なまじ外見がええさかい、中味はカラッポになりかねんで」
后 「ああ!それは言わない約束でしょ!でも、確かに・・・。私も母親らしいことをしてあげたいわね。ミラーちゃん、何かいいアイデアない?」
鏡 「わいを頼ってばっかりではいかんで。でもまあよろし!わいの古い知り合いに『しつけのリトル・セブン』と呼ばれとる7人の小人がおるよって、そこに預けたらええんちゃう。ほんまはアンタが行った方がええかしれんけどな」
后 「お黙り!でも分かったワ」

お后も鏡さんも、実はいい人だったかもしれません(笑)。

20061025

ラクガキも続くものですね(笑)。セーラー服の女の子です。
クリックすると大きな絵が出ます。

|

« 大洋感情の起し方 | Main | マル禁の酒はなぜウマい »

Comments

ちょいと、、おまいさん、、いや、、kayさん、、
なんで、、鏡が「関西弁」やのん、、、
結論が『お后も鏡さんも、実はいい人だったかもしれません』
やったら、、話にならんのやないかいな~、、
悪人、善人をキッチリ区別して、キッチリ落とし前つけているんやし
話は、盛り上がるんですナ、、、

落書き、、無茶苦茶、雰囲気出てきてますね~
大きくして見ると、こりゃまたいいものです。

Posted by: 華文字 | 2006.10.26 08:10 PM

華しゃん、連日のコメントおおきに!
実は私は何を隠そう関西人。
「きっと君は来ない、一人きりのクリマス・イブ さいでんな~ほいでんな~♪」

そんなら、小人を悪人にしまっさ・・・なんてね(笑)。
永井豪さんの描いた「白雪姫」では、小人達は、お后様から白雪暗殺の命を受けた、「七人の小人必殺仕掛人!」。で、白雪は小人達全員を返り討ちにし、お后をも倒したが、そんな話すると嫁のもらい手がないってんで、グリムでおなじみのお話をデッチ上げたことになっておりまする。。。

絵、褒めていただき恐縮です。さすがに、あんまし褒められないので^^;;

Posted by: Kay | 2006.10.26 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白雪姫の真実:

« 大洋感情の起し方 | Main | マル禁の酒はなぜウマい »