« 超人の哲学 | Main | 私の好きな感覚 »

2006.10.22

解放された力

あまり良いことではないと思うが、小学校の劇で、どもりの役を本当のどもりの子供にやらせたことがあるらしい。
その子はすぐに役を降ろされた。なぜなら、彼は舞台の上ではどうしてもどもれないのだ。
ワープロもコンピュータ伝票もなかった時代、字が下手で経理係を解雇されかけた会社員がいたが、「できるだけ下手に書いてみろ」と言われたら、2日ほどでまともな字を書くようになった。
だが、普通にできることを下手にやるのは難しいものらしい。ピカソは「下手に描くようにしている」と言ったが、実はピカソは本来、上手さにかけても天才的。さぞや難しかっただろうと思う。

20061022

本日のラクガキ。
graffito(古代人の描いた壁画等の絵、文字)は、岡本太郎さんによると、あれは現代人には描けないらしい。
池田満寿夫さんも、それらには写実より生き生きとしたものがあるという。
graffitoはgraffiti(グラフィティー。ラクガキ)でもある。古代人のラクガキは凄いものであるようだ。

|

« 超人の哲学 | Main | 私の好きな感覚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 解放された力:

« 超人の哲学 | Main | 私の好きな感覚 »