« 白雪姫の真実 | Main | 引きこもりの生き方 »

2006.10.26

マル禁の酒はなぜウマい

ビートルズの有名な歌「ヘイ、ジュード」の出だしはシンプルではあるが意訳しにくい。
「そんなにしょげるなよ。悲しい歌も気分次第で楽しくなるさ」
実に無責任である(笑)。
いったいどう気分を作れば、悲しい歌が楽しくなるんだ。大方の人間はそれが分からないから辛いんだ。

それなら、トム・ソーヤーのペンキ塗りの話の方が良い。
トムが友達に、「俺の代わりにペンキを塗ってくれよ」と頼んだとすれば、よしんば引き受ける殊勝な子がいたとしても、その子にとっては苦役になる可能性が高い。
しかし、横柄なトムに見返りすら差し出したにも関わらず、トムの友達は嬉々としてペンキを塗ったではないか?
この話は、ほとんどの人が知っていると思うが、その意味にはあまり気付いていない。
トムの友達は、ペンキを塗ることを「許可されていない」と思わされたことが重要なのである。

昔、アメリカで禁酒法というものが制定された時代があった(1917年)。酒を造っても売ってもいけないというもので、飲酒を禁止したわけではないが、事実上飲むことができない。結果、当然のことながら密造酒が作られ、闇取引がはびこったのはもちろんだが、バーが増えたのが面白い。禁止されることで、酒がさらに美味いものに感じたのだ。
実際、マル禁の酒ほどウマいものはない(笑)。

不倫の恋が楽しいのもしかり。表向きには禁止であるのだから(笑)。
セーラー服の少女が美しく見えるのも、禁断の果実であるからである。妙な法律で抑えれば抑えるほど、セーラー服の人気はうなぎ上りとなるのである(爆)。

イタリア映画「愛のほほえみ」で、なんとも愛らしい10歳くらいの少女が、タバコを手に「火を持ってない?」と主人公の少年に言って驚かせる。
彼女は言う。「あたし、『やっちゃダメ』ってことは何でもしたいの」

で、ポールの無責任発言(作詞)を補填する方法が分かったと思う。
やっちゃいけないことをやればいい。ただし、やったことの対価は支払わねばならぬことを忘れてはいけない。そして、対価を覚悟するからこそ楽しいのである。林檎をトムに渡した子供のように。

20061026_3

疲れた時、こうやってうつ伏せになって、土踏まずを踏んでもらうとキモチいいのですね。
「ああ~ん・・・もうだめぇ!」って感じです(笑)。
クリックすると、しょーこりもなく大きな絵が出ます。。。

|

« 白雪姫の真実 | Main | 引きこもりの生き方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マル禁の酒はなぜウマい:

« 白雪姫の真実 | Main | 引きこもりの生き方 »