« 忘れられた英雄 | Main | 全ての病気は心因性? »

2006.10.17

ゲームの恐怖に震えた

RPG(ロールプレイングゲーム)のファンは多いと思う。
私はただの一度もやったことがなかったのだが、数年前、一応はアダルトなのだが(笑)、爽やかそうな絵柄のパッケージのものをやってみたことがある。
そして、恐ろしいまでに無為な時間を消費することに愕然とした。これは、RPG全般に言えるのではないかと思う。
絶対にやらないと心に誓った。
別にRPGに限らず、ゲーセンの反射神経型のものも、お金と共に貴重な時間を奪い取ってゆく。また、昨今の小型ゲーム機もしかり。
ゲーム脳理論が正しいかどうかは知らないが、思考することなく長時間過ごすのであるから頭に悪いことは確実である。ただ、他人がゲームをやればやるほど、相対的にこちらが優秀になるという利点もある。よって、他人にまでゲームをやめさせる気はない。

20061014

お絵描きソフトのエアブラシで遊んでいたら、案外カワイイ雰囲気になった(笑)。
クリックすれば大きな絵・・・を出すほどでもない^^;

|

« 忘れられた英雄 | Main | 全ての病気は心因性? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゲームの恐怖に震えた:

« 忘れられた英雄 | Main | 全ての病気は心因性? »