« 確実にモテる法則 | Main | この世は当然地獄である »

2006.09.01

力を得る確実な秘訣

人間はこの世で生きる上で、少しでも多くの力を得たいものと思うはずだ。
力として典型的なものとして思い浮かぶのはお金である。実際、お金は強い力を持ち、妄想の愛などとは比較にならない(笑)。
たまたまお金持ちの家に生まれれば、最初から力があるように勘違いするが、もちろん、本人には何の力もなく、親が倒れれば悲惨なことになる。

何かの珍しい本で読んだが、人が力を得るには「制約」というものが大事らしい。
これは、米国式の成功セミナーなどでよく言われる「誓約」すなわち、「私は10年で2億円を得るぞ」とか言うのとは何の関係もない(笑)。そのような「誓約」には、もちろん、何の効果もなく、かえって逆の作用となるのは明白である。
ここでいう「制約」とは自分に加えるものである。
神様・・・という言い方はあまり好きではないのだが、ものの例えとしてこの便利な概念を借りると、神様というのは、人間が自分に制約を加えた分に比例してその人間に力を与える。
分かりやすい例でいうと、何か強い望みを持った時に、何かを絶つということを、特に教わらなくても、かなりの確信を持って行うと思う。例えば、「好きなチョコレートを絶つ」とかである。
人間というのは、奔放に自由に振舞いたいものである。しかし、その本性のまま奔放に振舞うと、力も美しさも損なわれる。その逆が自己制約である。
自分の自由で奔放な振る舞いを制約すれば確実に力が得られる。仕事などは、特に駆け出しの頃は制約の中で行われるものであり、働き始めの頃に熱心に働くと、ぐんぐん力がつく。逆に、厳しい仕事を避けたり、ましてや働かないと、力が付かないばかりか、ますます奔放になるのが普通であるので、ない力がさらになくなる。
これらは、実際の観察においても、まず間違いはないと思う。

歩き煙草をする人間は奔放の極みである。あれほどの迷惑な行為すら自己制約できないのであるから、あらゆる自己制約ができないはずであり、歩き煙草をする人間は惨めなほど力が無いことが容易に推測できる。企業の社員採用時には、是非「歩き煙草をするか?」という質問事項を用意し、イエスの場合は最初から落として絶対に間違いはない。

|

« 確実にモテる法則 | Main | この世は当然地獄である »

Comments

非常に大切なことが書かれていますね。
最初が肝心。そして、サボりだすときりが無い。どんどん、どつぼに落ち込んでゆく、ということは、怖いです。
そうならないように、毎日を真摯に生きてゆきたいです。

Posted by: Caro Ideale | 2006.09.01 11:30 PM

Caro Idealeさん、コメントありがとうございます。
人間、楽な方に行こうとするのは仕方のない傾向ですが、なんとか、あえて厳しい道を選ばないと、本当に落ちていくばかりですね。
「人生にはいろんな坂があるが、大半は下り坂である」
って、何かで読んだことがありますが、いたるところ、サボリの誘惑だらけですね。

Posted by: Kay | 2006.09.02 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 力を得る確実な秘訣:

« 確実にモテる法則 | Main | この世は当然地獄である »