« 絵は趣味か? | Main | 楽をするな »

2006.09.04

天使の出現

心理学で言う至高体験(絶頂体験とも訳される)と同じらしきことが芸術では大洋感情と呼ばれていると思う。そして、それと同じと思われるものは、文学では、決まった呼び方はないが、ドストエフスキー、イェイツ、エリオットなど最高クラスの作家の作品には必ず登場する。(夏目漱石が天賓と呼んだという話がある)
野口悠紀雄の名著「天使の出現」を読むと、「天使の出現」こそ、まさに至高体験、または、大洋感情であると思う。
岡本太郎さんの「爆発」も同じことを指したのではないかと思う。
(爆発の意味をロクに考えずに批判・揶揄する者は美術教育関係者にもいるようであるが)
「芸術の目的はエクスタシー」であるといったイェイツのエクスタシーも、同じことと思う。

20060903

至高体験は、極度の緊張の後の解放の瞬間に訪れることが多いらしい。
イェイツによると「人を憎むことをやめた時」に起こりやすい傾向があるという。
で、緊張と憎しみから解放されつつある少女の絵を描きました(?)。
絵をクリックすると、大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 絵は趣味か? | Main | 楽をするな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天使の出現:

« 絵は趣味か? | Main | 楽をするな »