« ハチドリのひとしずくは洗脳本である? | Main | ゲームが国を滅ぼす »

2006.09.14

テレビCMは洗脳である

テレビCMというものも、宣伝効果の最大効率を狙えば、洗脳という手法を取らざるをえないであろう。
例えば、第一生命のCMを取上げる。森山直太郎さんの「あなたの~」の歌声で始まるシリーズもののCMで、現在は2パターン同時放送されていると思う。
現在の2パターンは、父親と母親の立場で作ってあるのだと思う。
保育園で子供が熱を出す。父親がスーツ姿で保育園に子供を迎えに行く。それも、ごく自然に!!
自然さを出すために、それぞれのパターンでは、

父親の立場パターン 「僕が迎えにいける」
母親の立場パターン 「主人が『僕が迎えに行けるよ』と言ってくれた」

と、共に当たり前のような声で言う。
父親が迎えに行った時、子供の顔が喜びで輝く様子も父親の声で感動的に表現される。
このような異常さを、異常と思わせてはならないという製作者の意図が感じられる。

まず、保育園の子供が熱を出したことを、父親に連絡する異常さがある。確かに現在は誰でも携帯電話を持っているので、会社の電話を使う必要はないが、こんなことを仕事中のビジネスマンに連絡するなど考えられない。しかも、子供は父親を見て大喜びし、後ですぐに回復する程度である!
保育園では、子供に何かあった時に、要望によっては親に連絡することもあるかもしれない。しかし、このような事態に対応できるのが保育園である。それも、既に述べた通り、大した症状でなければ、こともなげに処置するはずである。また、本当の親ほどではないが、保母さんや保父さんは、子供に温かく接しているはずである。
父親は、この後、回復した子供と料理をする。仕事はサボリである。保険以前に、即クビであろう(笑)。

さて、このCMの狙いは何であろう?
それは、世間知らずの母親や子供にある種の幻想の世界観を与えようとしていると思われる。
女性でも、本気で働いている人なら、当然、このCMの異常さは分かると思う。しかし、働いてはいても、企業の営利活動に直接携わっていないなら、正直、あまり社会のことは理解できない。そんな人が、このCMのような、甘く楽しい世界を現実のように見せられると、「これでいいんだ」とコロっと洗脳される。森山直太郎さんの素晴らしい歌声も心を麻痺させる催眠効果が高いと思われる。
そして、この幻想の理想世界では、第一生命の保険が必要であることを信じさせる緻密な押しもぬかりなくCMに収められている。どうもこの会社の営業戦略責任者は超優秀なようだ。
しかし、「親が迎えに行けない子供はどうなるの?」という疑問がちゃんと出てくれば、こんなCMの偽りの仮面などすぐに剥がれる。こんなレベルで眠ってはいけない。思考停止してはいけない。

まあ、保険というものは冷静に考えて入ろうという気にはまずならない。そこで、保険会社は理詰めの説得ではなく、情に訴える戦略を取る。代表的なものは、主婦や定年退職者といった、仕事の能力の無い者を採用し、家族、きょうだい、友人、パパ(笑)を保険に加入させるのである。これは実に合理的である。
ソニー生命のCMのように、立派な邸宅の中で恰幅の良い男性二人が仲良く語らい、どちらが保険のセールスマンか分からないといったように、保険のセールスマンがそこまで重く扱われることは絶対にない。このようなわざとらしいCMが、むしろそれが異常であることを示している。
これも、主婦、子供向けである。

まだまだ、本来は異常なことを異常でないと思い込ませようとするCMは数多く。それで一時的には企業は利益を得るかもしれないが、これは日本人を馬鹿にしてしまう可能性が高い。特に母親の知的レベルをさらに落とす。そうなれば、子供も馬鹿に育つ。そして、結局は日本の国力を落とし、自らの首を絞めることになるはずである。

|

« ハチドリのひとしずくは洗脳本である? | Main | ゲームが国を滅ぼす »

Comments

面白い!
もう、ほんとに貴女の論点は面白い!!
ハチドリの話も、まさに言い得たもので拍手喝采モノです。
今日のテーマの如く本質を見抜こうとしない、またその努力をしない限り、
日本は、『自らの首をじわりと絞めつつある』状態ではないかと憂うことがあります。
これは多くの人も感じているでしょうにどうして民衆の声が上がらないのか、またその声が力をなかなかもてないのか不思議です。
政府はすでに軌道修正の力を今は失っているのですからね。
責任と言うものをとれない政府がやることですから国民の賢明なる力が欲しいところです。

かといって政府にも賢明さも期待したいし、、、
あぁ~どっちやねん、、、何が言いたいねん、、
理路整然とした貴女の記事にこんなダラダラコメント、、、恥ずかしい、、、         
       

Posted by: 華文字 | 2006.09.14 at 04:12 PM

華文字さん、楽しいコメントありがとうございます。
一般民衆の思考や行動には、確かに教育というものの影響が大きく、最大の悪影響を与えたのは学校だということはまず間違いないと思います。
まずは、本当は学校なんかなくたって大丈夫だということをバラしてしまえば良いのですが、それは頭の良い方が取り組んでくれてますので、今後は期待できると思います。

ところで、華文字さんのブログはコメントが大変多いですので、ちょっと控えましたが、私の家には、いまはワンコはいません。トイマンを11歳で病気で若死させてしまい、そのショックからなかなか立ち直れません。でも、近所のワンコ、ニャンコとは遊んでいます(笑)。
そして私は年齢性別不詳が売り物。ミスティー・ケイと呼んで~(苦笑)。
一説では、インターネット上に存在する人工知能であるとも言われています(爆)。

Posted by: Kay | 2006.09.14 at 11:52 PM

あぁ~ごめんなさい、、
表記画像ですっかり貴女かと、、、
早とちりでした、、お許し下され。

年齢性別不詳。ミスティー・ケイ。
了解!!。

Posted by: 華文字 | 2006.09.15 at 12:32 AM

こんにちは。
面白いブログです。

 私もこのCMを観て、子供の風邪がすぐ回復する程度であるという、製作者の杜撰な頭に笑いました。

 この保険CMはフェミニストにとっては傑作なのでしょう。井戸に唾を吐くものは、いずれはその水を飲まねばならない、という格言がありますが、彼らはそれを思い知ることになるのでしょう。

 A・ケストラーが、言語こそが最強の兵器、というようなことを言っていますが、現代人の脳内は空虚な言語爆撃を受けて既に焼け野原状態ですね。どうなることやら…。

今後も楽しく閲覧させて頂きます。
では失礼。

Posted by: 夜空に輝く星座 | 2006.09.15 at 01:20 PM

★華文字さん

いずれにしても、かなりのナルちゃんであるという説もあります(笑)。

★夜空に輝く星座

はじめまして。コメントありがとうございます。
私以上にナルシストであるかもしれないと思わせる素敵なお名前ですね。
学校とテレビはセットで国民を無能化しているに違いありません。
次はサラ金CMあたりを攻めようかと(笑)。
アーサー・ケストラー卿は私も興味深いです。私も彼について以前書きました。
では、今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: Kay | 2006.09.16 at 04:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/11877874

Listed below are links to weblogs that reference テレビCMは洗脳である:

« ハチドリのひとしずくは洗脳本である? | Main | ゲームが国を滅ぼす »