« もう一人の自分 | Main | ブログ開設1周年記念 »

2006.09.23

なぜ教師が教育委員会に逆らえるのか?

東京都教育委員会が、入学式や卒業式で教職員が国旗に向かって起立し国歌斉唱するよう通達したことを違憲とする判決が出たらしい。

これはおかしな判決である。
公務員である教師が、管理団体の指示に従わなくて良いはずがない。これは個人の信条とは何の関係もない。もし、指示が気に入らないなら辞めるしかない。当たり前のことである。

会社に勤めている人が、会社の方針や製品が個人的信念として我慢ならない場合に、それに反発して売らなかったり、製品を作らなかったら即クビである。個人的信条など何の関係もない。
この場合、社員は、我慢して会社の方針に従って売ったり作ったりするか、会社を辞めるかするのである。
もし、会社の方針が、入社式で国旗に向かって起立、国家斉唱であれば、社員は絶対に従うはずである。

公務員だって事情は同じでなければおかしいはずだ。
警官が、自分が熱心なクリスチャンであるからといって、クリスチャンの犯人を逃がして許されるはずがない。その他、あらゆる個人的事情を仕事に持ち込むことは許されない。
日本に原爆を落としたのはアメリカ政府で、その責任は大統領にあるのであり、原爆を落とした戦闘機のパイロットに責任があるわけではない。

しかし、生徒や学生は違う。学校に特定の思想や信念を押し付けられる必要はない。
教師を通して国家の方針を叩き込まれるのは、露骨に行われるか暗に行われるかの違いはあっても社会主義国家と大差ないが、教師個人の幼稚な考え方を強制されることも多い。当然ながら、教師というものに、大人としての倫理観を教える能力は全く期待できない。そもそも、学校教師に大人になる機会はなく、教育委員会からのどんな指示であれ、それを忠実に守り、自主的に考えないでいただく方が、はるかに安全である。
人間として従う基本的な道徳は家庭で教えるべきであり、それに次ぐのは、本来であれば、生徒の住む地域の身近な「大人」が教えることである。それが行われている地域では、子供の精神は成熟していき、大人の世界に関心を持つものである。
それが難しいのであれば、希望すれば誰でも教師をやらせると良い。資格を持ってない者に教えさせるのが不安だとでも言うのだろうか?資格を持っている教師の方がはるかに不安である。

ちょっと話がはずれてきたが、はじめにあげた裁判に関しては、明らかに変であると思う。
どこかの教育委員会で、男性教師が女子生徒にメールを送ることを禁止したが(アホな話だが、それほど教師はアホなのだ)、これに個人的信条で逆らう教師がいたらどうするのであろう。

|

« もう一人の自分 | Main | ブログ開設1周年記念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ教師が教育委員会に逆らえるのか?:

« もう一人の自分 | Main | ブログ開設1周年記念 »