« 恋愛上手は人生の収穫少なし? | Main | 恐れから描く絵 »

2006.08.26

秘話

大抵の人が秘話というものが好きなはずだ。
秘話とは、知られていない話という程度の意味であるが、知ってみると大変に意外で面白い話があるからだろう。まあ、明かされる秘話というのは、面白いものと決まっているということもあるが、秘話の中に人間の本性を垣間見ることも多いのではないだろうか?
例えば、有名なスポーツ選手が、その競技に取り組んだ動機とか、世界的な文学作品を書いた著者のそれを書いた真の動機というものが、案外につまらないものであったりということを知ると、面白く思うと同時に妙な感慨を感じるのは、「人間というものは、案外この程度のもの」とか「天才とか偉人と呼ばれている人も案外平凡」と感じることが多いからではないだろうか?
私は、「偉大な業績も、それを開始した時の動機は大したものではない」と思っている。それを、「実話に基づいた」とされる小説や漫画、あるいは、ドキュメント番組では、さも感動的な動機があるように言われることがあまりに多い。

ただ、さらに考えを進めれば、誰かが何かを行った本当の動機なんて本人以外には決して分からないものだと思う。よって、個人に関する秘話というものは、ほどほどに受け取った方が良い。例えば、犯罪者の動機なんてことがニュース報道された時は、私は百パーセント信じないことにしている。そうでなくても「そんなわけないじゃない」と思われるような報道ばかりである(他の人は、あんな報道を本当に信じているのだろうか?)。

一国や、人類に関する秘話となると別の面白さも出てくる。しかし、これはなかなか真実が分からない。例えば、日本がなぜ第2次世界大戦に参戦したかなど諸説あり、どれが本当かなんて断定できるものではない。
そのため、より面白い秘話が人気となり、真実の重要性が薄れる危険性がある。

ところで、もし、人類最高レベルの秘話なんてものがあったら知りたいだろうか?
私は、知らない方が良いと思う。そういうことは、何者か(多分、人間が生み出した形而上学的な生命体のようなものであったりするのだが)が何重ものシールドによって封印している。それを解除して対処する準備ができていない限りはね(笑)。

|

« 恋愛上手は人生の収穫少なし? | Main | 恐れから描く絵 »

Comments

kayさん こんにちは。

>ところで、もし、人類最高レベルの秘話なんてものがあったら知りたいだろうか?私は、知らない方が良いと思う。

知っているじゃないですか。
それは「唯幻論」です(^^)
私は良く引き合いに出すのですが、宇宙人がいるとしたら、きっと幻想で行動しているはずだと(^^)

『屈辱の連鎖としての歴史』をホームページにアップしました。

http://www.geocities.jp/nowandthenwy/dvd-ronbun-01.html

Posted by: id | 2006.08.26 at 10:02 AM

idさん、いらっしゃいませ。

>知っているじゃないですか。
>それは「唯幻論」です(^^)

バラしちゃダメだって(爆)。
ホント、正直な話、唯幻論なんて人類最大の秘密は隠しておくべきではなかったのかと思います(半分冗談、半分本気)。

>私は良く引き合いに出すのですが、宇宙人がいるとしたら、きっと幻想で行動しているはずだと(^^)

こ、これは面白い。本書いて下さい!
で、岸田先生の最終講義DVD本、買いました。
あの表紙、一体・・・^^;;

Posted by: Kay | 2006.08.26 at 11:10 AM

あはは(^^)
受けましたね。

>(半分冗談、半分本気)。

それにしても、すべてが幻想であることを万人が納得した時、恐らくその地平において新たな共同幻想が生まれるのであろうか。われわれにできるのはそれを待つことでしかない。そして、そのためには、まず、すべてが幻想であるという事態をみつめること。著者のいうとおり、「見えないものはコントロールできない」のであるから。(中公文庫『ものぐさ精神分析』掲載の伊丹十三氏の解説から引用)

どうなるか興味が有るのですよ(^^)
人類が滅ぶ可能性が有るかもしれませんねぇ(^^;

>こ、これは面白い。本書いて下さい!

すべての事象は「唯幻論」を踏まえて表現されるべきだと考えています。芸術・科学・歴史・・・
正義の味方を正気に返すような表現が望ましいですねぇ。
kayさんの分野かも。

>あの表紙、一体・・・^^;;

秘話(^^)
オファーは春菊さんに対し、「もてもての岸田秀:例えば酒池肉林の岸田秀・ハーレムの岸田秀」というものでした。岸田先生にラフを見せたら「ふざけすぎていると思うが、まあいいでしょう」というものでした(^^)

Posted by: id | 2006.08.27 at 12:23 AM

ハーレムの表示を岸田先生がもし激しく拒否されたら、実はそれが強い願望であることがバレますので、「まあ、いいでしょう」としたのでしょうか。まあ、お嫌いではないと思います(笑)。女性達が日本人の女子大生顔なのは当然でしょうね(笑)。
まあ、幼児性全能感から逃れることにも程遠い我々が(むしろ強まる傾向が顕著)、全てが幻想であることを認めることは、まずないと思います。

Posted by: Kay | 2006.08.27 at 10:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/11599170

Listed below are links to weblogs that reference 秘話:

« 恋愛上手は人生の収穫少なし? | Main | 恐れから描く絵 »