« 愛情を無意識に確認する方法 | Main | 確実にモテる法則 »

2006.08.30

美人の利得なんてしれたもの

よく冗談半分に、「女は外見が全て」「美しく生まれるかどうかで人生ほぼ決まる」などと言いますね。半分が冗談なら、半分は本気なわけですが(笑)、若い時に限定するならあながち間違いとも言えないかもしれません。
超美人であれば、少々年を取っても美しさが武器になることもありますが、それはあくまで、その女性にお金や地位や、世間に認められた実力がある場合です。いくらなんでも四十や五十過ぎて外見だけで通用するはずがありません。

こう考えると、美人は若い間は多少得をしますが、それがいつまでも続くわけではなく、一瞬で過ぎてしまうようなものですし、若い頃でも、美しさに比例してリスクも大きくなります。果たして美人が本当に得かどうか怪しいものかもしれません。

15歳のクレオパトラが51歳のシーザーに出逢い、そのたぐい稀な美しさでシーザーを手玉に取り、栄華を極めたことは事実のようです。また、多少その名が轟いていたとはいえ、一介の武将に過ぎず、しかも51歳というと当時の平均寿命をはるかに超える「老雄」を独裁者にするための大いなる力を与えたものと思います。まこと、美少女の力とはすごいものです。
しかし、クレオパトラ自身がその後、幸福であったかというと、そんなことはないと思います。

中学生の頃、人気の美少女で通っていたコが、大学生の時に見ると見るも無残に変貌していたという例は驚愕と共によく憶えています(笑)。特に女性は、結婚すると急激に美しさが失われることも多いようです(女に限りませんが)。美しい間にお金持ちと結婚した美人の話はもちろんありますが、もし美人というだけで選ばれたとしたら確実に試練が待っています(笑)。

美人のみが味わえる栄光というものもありますが、いろいろと考えてみるに、長い目で見ると、必ずしも美人が得とはいえないような気がします。

|

« 愛情を無意識に確認する方法 | Main | 確実にモテる法則 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美人の利得なんてしれたもの:

« 愛情を無意識に確認する方法 | Main | 確実にモテる法則 »