« なぜ愛を神に誓うか? | Main | 纏わりつく幻想の鎖 »

2006.08.17

死を免れた体験の作用

あわや死に掛けたという体験を持つと豪胆になるとか、心が澄んでくるかというと、そんなことはないと思う。私は少なくとも数度、死んで当たり前の状況を切り抜けたことがある。
ただ、死なずに済んだのは幸運だと思うことには意義がある。マスローの「至高体験」とは、根本的には自分を幸運だと思うことであり、これによって人生が豊かになることは相当確かなものらしい。まあ、これに関して言えば、別に死を免れる幸運でなくても良いが、幸運の最たるものは、やはり死を逃れることと思う。
死を免れた体験はなくても、自分が幸運だった時のことを思い出すと良い。自然に至高体験に導かれるものらしい。至高体験は、芸術の世界で大洋感情と呼ばれるものと同じと思われるが、没我的で宇宙との一体感を感じるものである。岡本太郎の爆発も同じものと思う。
それは、生きる上での確実な力になると思う。

20060816

今日も絵を描きました。
私の好きな画家に栗原一郎さんがいます。そこで、栗原さんの裸婦画「よこたわる」を参考に描いていましたが、模写をすぐに諦め、全く自分の描き方で描きました。
絵をクリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

|

« なぜ愛を神に誓うか? | Main | 纏わりつく幻想の鎖 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 死を免れた体験の作用:

« なぜ愛を神に誓うか? | Main | 纏わりつく幻想の鎖 »