« 芸術家に相応しい年の取り方 | Main | ローレライ伝説の非日常性 »

2006.08.06

伝説の力

伝説というものが青年に与える影響は大きいと、この数日、つくづく思わされた。

テレビで総合格闘技の大会であるHERO'Sを、桜庭選手が出るというので久々に見ていた。
そして、桜庭選手が格闘技を目指したきっかけがアニメの「タイガーマスク」であることが何度も紹介される。
では「タイガーマスク」が真面目に目標とすべきものかというと、それは絶対にない(笑)。梶原一騎氏原作のこのアニメは、一世を風靡した「巨人の星」同様、少しでも冷静に考えればなんとも馬鹿げたものである。
しかし、子供騙しと言えばそれまでだが、子供の心にパッション(熱情)を与え、それが強い力になることはある。
かつて「格闘王」と呼ばれ、いまだ心棒者の多い前田日明が格闘技を目指したきっかけは、1つが「紅三四郎」というアニメだ。これは、柔道家の父を倒した武道家を倒すため、世界中を探してあらゆる格闘家と戦う紅三四郎という少年(?)の物語で、毎回違う美少女が登場するという、タツノコプロには是非とも「マッハGo Go Go」のようにリニューアル作成をお願いしたいものだ(笑)。前田日明も、紅三四郎のカッコ良さと同時に、これらの美少女にモテる三四郎に憧れたに違いない(笑)。
そして、前田日明を本気にさせたのは、初代ウルトラマン最終回で、ウルトラマンがゼットンという怪獣に倒されたことだった。前田さんは泣きながら「俺が仇をとってやる」と誓ったらしい。冷静に考えるといくらおかしくても、それが前田日明に意欲や情熱を与えたことは間違いない。

池田満寿夫さんが高校生の時に憧れた画家がモディリアーニで、池田さんは、別にモディリアーニを知らなくても画家になったと言うが、それでもモディリアーニが池田さんに強いエネルギーをもたらしたのは確かなのだ。しかも、池田さんは、モディリアーニの作り話の三文小説で「燃えさせられた」のである。
横尾忠則さんも、少年の頃の憧れというものは大変に重要と言い、自分の芸術の起源がターザンや、中学生の頃に読んだ冒険小説であることを明かしている。

「レイアース」という、3話からなるアニメで、地球にただ3人残された女子中学生達は、異世界の魔法使い達から地球を守るため、魔神の力を使って戦うも、神に匹敵する力を持つ、敵の魔神に歯が立たない。しかし、ついに地球の守り神とも言える魔神レイアースが降臨し、これと合体して、敵のワイバームの魔神に挑む。その時、ヒロインの光が言った。「伝説の力」と。

子供の頃大切にしていた伝説を思い起こし、疑いのない情熱を傾けることが、魔法に匹敵する力を発揮する秘訣であることは間違いがない。
エンスージアズム(情熱)の重要さを語る者は掃いて捨てるほどいる。しかし、それは何の役にも立たない。私が書いた秘訣を加えなければ。

|

« 芸術家に相応しい年の取り方 | Main | ローレライ伝説の非日常性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伝説の力:

« 芸術家に相応しい年の取り方 | Main | ローレライ伝説の非日常性 »