« 芸術家はモテるか? | Main | 医者の資質と芸術家の資質 »

2006.08.23

熱狂の法則

高校野球の熱狂振りがあらゆるメディアで報道されている。
まるで全国民がこれに加わっているような調子のものが多いが、実際はさほどでもないだろう。
しかし面白いのは、優勝投手が使ったのと同じ商品のタオルが売れたり、同校を何十年も前に卒業した有名タレントが「人生でベスト3に入る出来事」と発言したりは、行き過ぎと言うよりは奇妙、いや、恐ろしいことである。
人間は熱狂が好きである。なぜかというと、熱狂している者同士の連帯感が強いものに感じられ、その時に自分の位置とか立場が確定するという幻想を持つからである。
そして、これは商売や政治において大昔から利用されてきた人間の変わらぬ性質である。
熱狂の裏には必ず仕掛け人がいる。それで大儲けしたり、人々を何か(例えば戦争)に駆り立てる。
熱狂する対象は必ず、頭を全く使わなくて良いものである。考えていては熱狂できない。人々を扇動するには、頭を使わせてはいけないのである。感情に訴え、思考停止させる。
もちろん、あの決勝戦は素晴らしく、優勝投手も大変なものであるが、さほど大騒ぎするほどのものでもない。こう言うと、いろいろ文句を言いたくなる人がいるのは、熱狂仕掛け人の意図する通りのことである。戦争中に戦争の非を説く者に対して行われることと、基本的には同じである。

本当に価値ある行動をした者が帰還する時、出迎えは1人もなく、世の中に全く知られないことが圧倒的に多いのである。

|

« 芸術家はモテるか? | Main | 医者の資質と芸術家の資質 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱狂の法則:

« 芸術家はモテるか? | Main | 医者の資質と芸術家の資質 »