« 誇り高き愚か者 | Main | 世の中を変える? »

2006.07.27

日本人は狩猟民族だった?

ウェーバーの有名な歌劇「魔弾の射手」をご存知の方は多いだろう。
およそクラシックに弱い私でも大変に聴きやすい。
特に第3幕の「狩人の合唱」ほど勇壮で豪放な歌は他に思い浮かばないほどで、気分を高めたい時はこの歌に限ると私は心得ている。
序曲の「秋の夜半(よわ)」もわが国でも有名で、これだけが独立で扱われることもあり、聴いたことのある方は多いと思うし、好きな人も少なくないと思う。

と、オペラ談義ばかりでは面白くないと言うか、そもそも私は偉そうに語るほども詳しくはない(笑)。
この「狩人の合唱」の中で、獲物を追いつめるため、藪を抜けて沼を渡る様子が描かれており、また、狩の楽しさ、狩の喜びが明るく逞しく歌い上げられているが、大昔から農耕民族である我々日本人にはピンとこない部分もあると思う。
しかし、岡本太郎の「日本の伝統」を読むと、弥生式土器の頃には確かに日本人は農耕民族になったが、縄文式土器は狩猟民族でなければ作ることができない特徴が強烈に表れており、日本人は元々は狩猟民族であったと断言している。本当かどうかは知らないが(笑)。
日本にも、現在に至るまで、マタギといった、山で狩猟をして生きている人々もいるが、その数はかなり減ったということだ。

で、
伝古式狩猟刀白狼4寸両刃
という狩猟刀を購入してみた。
良いぞ。私の中の狩猟民族の血が蘇る(笑)。
手作りナイフであるが、工業生産品のように、スミズミまで完璧な製品と思わない方が良い。もちろん、ブレード(刃)の部分は完璧であるが、ハンドルは金属の留め金の出っ張りをヤスリで研ぐ時は、その一部の木(樫の木)も平気で削ってある(笑)。
やたら硬い鞘から刃を取り出すと、鞘の中から木屑が出る(笑)。
しかし、そんなことは実用性に何の問題もない。狩猟刀は鑑賞用ではない。西洋の短剣などと比べ、デザインも無骨で愛想もない(笑)。
セーラー服で乙女に持たせてみましたが、真剣さがないと似合いませんね。

|

« 誇り高き愚か者 | Main | 世の中を変える? »

Comments

雑誌で
A型は農耕民族、O型は狩猟民族、AB型は現代人(B型は忘れました。)が先祖だと見たことがあります。
だからそれぞれ、穀類、動物、ファーストフードに目が無いとのことでした。

Posted by: lemoco-layco | 2006.07.28 12:00 AM

をを!私はO型なので狩猟民族。
だから、にゃんこを見ると追っかけ回すのか・・・って違う?(笑)
ちなみに、血液型と性格との相関関係は絶対にないと断言するKayでした^^;

Posted by: Kay | 2006.07.28 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本人は狩猟民族だった?:

« 誇り高き愚か者 | Main | 世の中を変える? »