« 夜に描く絵 | Main | ロボット3原則 »

2006.07.31

幻想の未来

「幻想の未来」と聞いて何を思い出すだろうか?
何も思いつかない場合がむしろ一般的と思う(笑)。
我らが岸田秀先生の「幻想の未来」(講談社)を思い出した方は素晴らしい(笑)。岸田先生の「唯幻論」の決定版といえる名著であると私は思う。
岸田先生は当然、フロイトの「ある幻想の未来」のタイトルを借りたのであろうし、それだけに力を入れた本と思うが、フロイトのこの著作は和訳もないのではと思う。
ところで私は、最近アニメ映画が作られた「時をかける少女」の原作者である筒井康隆さんの同名著書も読んだことがある。中学1年でこんなものを読み、人生観が変わってしまった(笑)。

では「死にいたる病」はどうであろう?
「ああ、『新世紀エヴァンゲリオン』でそんなタイトルの回があったな」と思う方はいるかもしれない。私もそのクチだ(笑)。
キルケゴールの著作の題名と知ったのは、私はエヴァを見た後だった^^;

「地獄の季節」は?
もちろん、ランボーの名高い散文詩であるが、私はアニメ「NOIR(ノワール)」の最も好きな回の題名として先に憶えた(笑)。私は、このアニメの大ファンで、DVDは当然全12巻を揃え、繰り返し視聴している。
名作のタイトルは結構使い回されていることが分かる。音楽の世界でもよく見られますね。

20060730_1

いつか夢で見た、左手を隠す天使を描いてみる。さすがに、夢にカメラは持ち込めないので、絵で描くしかないですね(笑)。
クリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

|

« 夜に描く絵 | Main | ロボット3原則 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幻想の未来:

« 夜に描く絵 | Main | ロボット3原則 »