« 日本人の美しき魂 | Main | 瞬間睡眠のすヽめ »

2006.07.05

中田英寿の「自分探し」とは

中田英寿が現役引退を発表したが、そのインパクトの大きさは、改めて中田の偉大さを再認識させた。
当然、惜しむ声も多いが、大方では「中田の美学」と了解しているように思う。中田はそんな選手だった。
私が気になったのは、彼が「自分探しの旅をしたい」と言ったらしいということ。多分、これはマスコミ向けのコメントであり、実際の真意は分からないし、彼も明かさないとは思うが、これが、あながちケムに巻くためのセリフとも思えない部分もある。中田は知的な分、難しい人間だった。彼がサイト(nakata.net)に書いていることや、インタビュー記事を見ても、悩み多い人間であることが分かる。イタリアでもイングランドでも決して順調なばかりではなかったが、きっと裏には我々の知りえないようなことが沢山あり、彼の精神を疲弊させたようにも思える。
ところで、本当に「自分探しの旅」なんてものがしたいなら気の毒だ。探すような自分なんて存在しないからだ。そんなものを探したら、ますます幻想の自分が現れてくるだけだ。

3回のW杯に出場し、20代で現役を終える「王様」中田と、日本プロサッカー界の最大の功労者の1人でありながらW杯にはふられ続け、2010年、43歳でのW杯初出場を目指す「キング」カズ。
カズはおよそ「自分探し」なんて言葉が似合いそうにない。15歳でブラジルに行った時もサッカーをしに行ったのだし、彼はいつでも目の前のことに全力で当たっているように思える。
しかし、中田は考えすぎるように思える。彼は本当にサッカーを楽しんだか少し疑問である。

|

« 日本人の美しき魂 | Main | 瞬間睡眠のすヽめ »

Comments

幻想の自分が現れる程度なら、本当の自分探しとは勿論言えないと思います。自分探しの意味、私には分かります。もっとも人間らしい自然で健康的な要求だと思います。みんな、現世で果たさなくては魂が納得いかない使命があるからです。でも、それを見ぬ振りをして生きている人は沢山いると思う。そういう生き方が本当は一番辛いのでは??自分と真っ向から向き合って精進する、それが自分探しです。

Posted by: 芸術家の心さん | 2006.07.06 05:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中田英寿の「自分探し」とは:

« 日本人の美しき魂 | Main | 瞬間睡眠のすヽめ »