« 11歳だった!! | Main | 最近、変な人が多い? »

2006.07.19

銀のナイフ

人が感じる好き嫌いなんて、過去の偶発的な経験に影響されていることが多い。
色、食べ物、服や靴の好み。あるいは、もっと単純にモノそのもの、例えば、サンダルが好きとか、帽子が好きなども同じ理由であろう。
その理由も、「好きな人が持っていた」というものが多いと思う。私に関して言えば、ほとんどそうだ(笑)。

ところで、私はナイフが好きだ。本来は「銀のナイフ」が好きなのだが、ほとんどのナイフは銀色なので、ナイフ一般が好きである(笑)。
その理由も他愛ない。
私は、20世紀の国家的文化遺産と思っているが、萩尾望都さんの漫画に「ポーの一族」がある。1970年代の作品と思うが、国家的文化遺産なので、当然今でも新品を買える(笑)。
この中で、銀色の髪の13歳の美少女メリーベルが、異母兄のオズワルドにナイフを激しくねだるシーンがある。
オズワルドは、メリーベルに銀の細いナイフを与える。
メリーベルは、実の兄エドガーをそのナイフで殺そうとする。愛するユーシスという青年を殺したのはエドガーだと思っていたからだ。
エドガーを刺せずに、逆にメリーベルがエドガーに抱きつくシーンがかなり萌えたというだけでナイフが好きになったわけである。
本当に他愛ないが、人間なんてそんなものではないかと思う(?)。


尚、上記ストーリーの詳細は以下の通り。漫画では、むしろ複雑で分かりにくいかもしれない
メリーベルは、オズワルドの家であるエヴァンス伯爵家の養女になる決意をした。しかし、メリーベルは、オズワルドの弟ユーシスを愛していた。メリーベルとユーシスには血のつながりはなかった。しかし、ユーシスは自殺した。メリーベルは形の上で、ユーシスの妹になる。
22歳の美青年オズワルドも、メリーベルが、父と父の昔の愛人メリーウェザーの娘であることを知らないうちは、メリーベルに心惹かれた(実際は今でも)。だが、どこかひっかかりを感じていた。それは、意識の奥で憶えていた、いつか父の館で見たメリーウェザーの肖像画にメリーベルが似ていたからだ。
メリーベルは、ユーシスへの想いを、ナイフで断ち切ろうとしたのか?
オズワルドは、メリーベルに銀のナイフをあげた。
そして、メリーベルの寝室に、メリーベルの実の兄エドガーが現れる。エドガーは、ずっとメリーベルの近くにいたが、姿は見せなかった。それでもこの時、メリーベルは驚かなかった。エドガーは別れを告げた。メリーベルの身体が震える。エドガーは「早くおやりよ」と言う。メリーベルは銀のナイフでエドガーを刺そうとしていた。メリーベルはエドガーがユーシスを殺したと誤解していた。ユーシス自殺の現場にエドガーがいたせいだ。実は、エドガーはユーシスの自殺を止めようとしたのだ。
しかし、メリーベルのエドガーへの想いが爆発する。幼い頃、エドガーと共に捨てられた時からずっと自分を守ってくれたエドガー。二人がポーツネル男爵に拾われ、しばらく平和に暮らしていたが、なぜかある日、自分は知らないうちにアート男爵家の養女になり、エドガーに逢えなくなってしまった。その間、メリーベルにはエドガーへの想いが募っていた。
二人は手を取り、部屋から去ろうとする。そこへ駆け込むオズワルド。「メリーベル、戻るんだ!そいつは人間じゃない!!」
メリーベルもそれは知っていた。エドガーは17歳のはずが、青年には見えなかった。彼の時は止まっていた。やがてはメリーベルも時を止め、永遠に13歳のまま、明日も美しい銀の髪を風になびかせることになる。

|

« 11歳だった!! | Main | 最近、変な人が多い? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀のナイフ:

« 11歳だった!! | Main | 最近、変な人が多い? »