« 光り輝く思い出 | Main | 神秘性という魔力 »

2006.06.25

戦争としてのサッカー

ジーコが日本チームに対して感じた本音が印象的だ。
「フォワードが練習中、シュートを外して笑っている」
「控え組の熱意が低い」
日本選手のプロ意識の低さというよりは、日本はやはりサッカー向きではないというだけのことと思う。日本では、闘争心過剰では調和は取れない。
中田はその中で浮いたという面も無くはないが、やはりリーダーシップに欠けるように思う。英語、イタリア語は得意でもコミュニケーションはできないのだろう。1人でアップしているようではだめだ。彼がレギュラーを貼れたのはセリエA最初のペルージャだけ。ここは、もともとが彼中心のチームだった。実力は誰もが認める彼が活躍できないのは、サッカーとは別の問題があると思える。
深夜のドイツ-スェーデン戦は良かった。2-0でリードされ、残り時間が迫る中でもドイツのシュートの雨(試合中30発近く)をかわし続けるスェーデン。戦争では、負けていても必死で戦うものなのだ。

20060624

で、休日に絵を描く(笑)。日曜って、週末?週明け?
クリックすると、大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 光り輝く思い出 | Main | 神秘性という魔力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戦争としてのサッカー:

« 光り輝く思い出 | Main | 神秘性という魔力 »