« 人間には2種類ある? | Main | 歩きタバコをする人間 »

2006.06.19

W杯日本チーム所見

日本は「善戦」したがクロアチアに勝てなかった。
どうも日本人はFWというものが向いていないように思う。怪物的FWがいないと、強豪国と引き分けることは出来ても、勝つことは難しい。
今回の大会は、既に中田(英)が絶対的存在でなくなったことを強く感じる。日韓大会まであたりなら、中田に意見するだけで話題になったものだが、今では若手でもそう素直に中田の言うことをきかない。練習では中田の笑顔が印象的だった。中田の方からチームメイトに近付かないといけないようになった。
しかし、元々が中田はリーダータイプではない。向こうから近付いて来て欲しい性格だ。
他の選手の成長もあるが、中田も衰えた。中田は元来、司令塔としての才能と共に、強いフィジカルと、精密なプレイが身上であった。しかし、黄金の身体にガタが来ており、それに引きずられてか、プレイの精度も以前ほどではなくなった。偏食(野菜嫌い)の影響もあるのだろうか?
中心人物もムードメイカーもいない今大会。スーパースターは監督というチームの矛盾も見えるような気がする。

|

« 人間には2種類ある? | Main | 歩きタバコをする人間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference W杯日本チーム所見:

« 人間には2種類ある? | Main | 歩きタバコをする人間 »