« 戦争としてのサッカー | Main | 決闘 »

2006.06.26

神秘性という魔力

大衆の人気を得るためには、神秘性が大きな力になると思い知ったのは、倉木麻衣によってだ。当時、歴史的ヒロインと言って良かった宇多田ヒカルを意図的かどうかは知らぬが、利用する結果になったことは間違いないだろう(意図的としても、彼女のスタッフの話であることは言うまでも無い)。
同じ年のネイティブの英語を使う、そして、宇多田ヒカルと同じアメリカでデビューを果たしたというセンセーショナルなニュース。しかし、なかなかその全貌を見せず、宇多田ヒカルとそっくりでありながら、よりデリケートな歌声と美貌のフォトグラフと映像により、倉木麻衣の神秘性が日本中を覆った。もちろん、最終的には倉木麻衣に実力があったから成功したのであるが、これらの演出がなければ、デビュー当初の凄まじさは考えられなかったはずだ。
ところで、私は倉木麻衣にとって幸運だったのは、宇多田ヒカルより美形・・・というよりは、明らかに日本人好みの容姿だったことではないかと思う。倉木麻衣の方が美少女だという評判は確かにあったが、アメリカあたりでは完全に逆になると思える。
初期の倉木麻衣のジャケット写真などを見ると、若い女の子に憧れを起させるような、そして流行の顔であることが強調されていたように思う。そして、プロモーションビデオの映像においても、宇多田ヒカルのように、カメラの前で身体をクネクネさせる部分は真似ながら、時折アップにされる顔の美しさや、身体つきのスレンダーなところをアピールしている。メイクしない普段の顔が勝手に撮影されて公開された時、「ちょっとイメージが違う」という声と共に「やはり可愛い」と感じた人も多かったのは、やはり親しみやすい「可愛い顔」だったからと思う。彼女が通っていたのが立命館高校宇治校だというのは公開されなかったと思うが、私はなぜかクラスメイトに知り合いがいて、当時から知っていた(自慢にはならないが)。倉木麻衣はごく普通のおとなしい生徒で、みんな普通に接していたと聞く。それには、彼女の性格的なものもあったと思う。別に特別な身分で海外にいたわけでなく、お金持ちでもなかった彼女は歌声の通りデリケートな性格と思われ、ある意味芸能界向きでない。「撮影用の服を買うように」と5万円渡されて千円のTシャツを買ってきたというエピソードは作り話にしろ、ありそうな感じがする。そして、きっちり4年で大学を卒業し、一般の友人も多かったというのは、あまりに真面目で面白味がないくらいだ。
宇多田ヒカルも今や伝説となってしまったが、倉木麻衣が今後センセーショナルなスターになることもないだろう。しかし、長く愛される歌手ではあり続けると思う。

ところで、忘れてならぬのは、神秘性とは幻想だということだ。
私が倉木麻衣について長々書いても、彼女のことを全く知らぬものの妄想である。幻想とは公認の嘘である。
私がこよなく敬愛する岸田秀氏が、「芸術家は公認の嘘つき」と言ったが、アートの人気に神秘性があることも否定できまい。ゴッホに神秘性があれば、彼は金持ちになっていたかもしれない。

|

« 戦争としてのサッカー | Main | 決闘 »

Comments

私は普段倉木麻衣ファンさんのBlogしか見ないんですが、こうして一般の方が冷静な目で評価していただいてるのを見て感激いたしました。しかも麻衣ファンとして一番世間に伝えたい彼女の謙虚でありおおらかであり、ファンを大切にする‘心’がこうして一般の方にも伝わっているなんて・・・(涙)
今は昔に比べるとかなり売上も落ちてきていますが、彼女の‘心’がある限り応援し続けようとおもっています。サッカー界の特別な存在ジダンも言っていました・・「突然乗り換えた人ではなくて、私たちを最初から最後まで信じてくれた人達のために戦う。」と。
だからkayさんもたまには麻衣さんのことを思い出してあげて下さい(笑)えらそうですいません。

Posted by: 通りすがり | 2006.07.09 10:22 PM

通りすがりさん、はじめまして。
そういえば、倉木麻衣さんも大人っぽくなりましたね。時の経つのは早いものです。
私は、彼女のアルバムは全部買って・・・親戚の中学生の女の子に全部持っていかれてます(笑)。彼女の詩は天才だと思います。才能を発揮するのは、まだまだこれからだと思います。とりあえず、彼女のことは忘れません。

Posted by: Kay | 2006.07.09 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神秘性という魔力:

« 戦争としてのサッカー | Main | 決闘 »