« 美人は美人? | Main | 日常の崩壊 »

2006.06.11

言葉の裏の真実

私も会ったことがある、賢者と言って差し支えない方が、こう言っていました。
「私は人と話をしていても、その人の言うこと自体は全く問題にしない。言葉の裏にあるものを感じるようにしている」

1年以上前、私はある女の子向きのアニメ(「ふたりはプリキュア」)を見ていました。
ヒロイン2人が悪者(若い男)と戦っていたのですが、悪者の方がずっと強く、この中学2年生の美少女達が本当にボコボコにされ追い詰められる中で、悪者がこう言います。
「命乞いをしろ!自分だけ助かりたいと言え!先にそう言った方だけ助けてやろう」
これに対し、ヒロイン2人は「冗談じゃないわよ!」「そんなの絶対に間違っている!」と反発します。
私は、このやり取りを聞いていて、この悪者は、命乞いをし、「自分だけ助けてくれ」と言って生きてきたんだなと思いました。そして、彼女達に同じことを強要するのは、そんな自分を本当は認めることができないのだなと思いました。私は、卑怯にならないと生きていけなかった悪者を気の毒に思いました。
アニメの制作者もそう思っているのだと思います。

20060611_1

また絵を描きました。
クリックすると、大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 美人は美人? | Main | 日常の崩壊 »

Comments

はじめまして

突然本題ですが
言動の他にも服装や
表現に関しても同様の事がいえるのではないかと
私は考えております

服で例を出してみますと
そうである自分
そう有りたい自分
という内面的根拠が見出されると私は考えます

Posted by: 暇人 | 2006.06.12 08:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 言葉の裏の真実:

« 美人は美人? | Main | 日常の崩壊 »