« 四国に行きました | Main | UFOが存在する証拠を英国防省が否定 »

2006.05.25

幽霊

夜の帰宅の道で幽霊を見た。
男の老人だった。その場から動かず(動けず?)、左腕をやや持ち上げて地面を見ている。
私の進む方向である。私は特に気にもせず近付いた。
ところが、後10メートルというところで、それはもっと異様なものに変わった。
草で編んだようなマスクを被り、目が隠れている。天狗だろうか?天狗といっても、別に鼻が長い必要はない。美しい立ち姿で、微動だにせず、私の方を向いている。
特に恐くもなく、さらに進むと、それは本来の姿の木になった。

以前、眠っていて目が覚めかけた時、目の前にトカゲがいた。しかし、意識がしっかりするにつれ、それはベッドの横板の一部の、やや細長い木目という正体を明かした(さらにトカゲに変わらないとは言えないが)。
ラマナ・マハリシ(南インド アルナチャラの聖者)がよく言ったそうだ。
「それがロープであるという正しい認識を持てば蛇は消える。蛇という思いが去らない限り、蛇はいる」
最近、私はよく幽霊を見る。これは単にある種の精神状態を示しているのであり、だから何が問題ということではないが(むしろ良い場合もある)、意識が何かを訴えているのだと思う。
ただ、幽霊を追い払うこともわけなくできるようになった(笑)。
マハリシは、「自我は、その中から世界を作り出すという、驚くべき力を持つ。しかし、それは幻である。真我(真の私)が輝くとき、世界は消える」と言った。
誰かが、世界の構成要素について調べる必要はないのかと訪ねると、マハリシは、「台所のゴミを捨てる時に、その構成要素を調べる必要は無い」と言った。世界とは台所のゴミのようなものらしい(笑)。

いずれにせよ、我々が幻想に生きていて、自我が作り出した幻を見ているだけだというのは、疑いもなく事実と思う。問題は、では幻ではない真の実体たるものが存在するかどうかだ。ヴァーノン・ハワードはあると言うが、岸田秀はないという。
マハリシはあると言うし、釈迦はないという。
これについては、こう言って良いと思う。無いと思った方が1000倍も無難だと。

|

« 四国に行きました | Main | UFOが存在する証拠を英国防省が否定 »

Comments

初めて、托鉢の坊さんに会ったときその坊さんが、私とあなたが会った意味は自我の中には存在しない。自然の摂理の中には意味があるだけであるから、自我をとりはらいあなたは私に会い100円を差出し、私も自我を取り払いあなたの事を祈ると言った。トラップやチャンスはそこらにしかけてあるようです。

Posted by: tomo | 2006.05.26 07:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幽霊:

« 四国に行きました | Main | UFOが存在する証拠を英国防省が否定 »