« 死せる魂の芸術 | Main | 人の美しい行為とは »

2006.05.31

豊かな日本

今日(正確には昨日)、お昼に喫茶店に行き、注文したコロッケ定食が出てきた時、荘厳な気分になった。
昼間から、こんないいモンが食える。別に、意識的にそう思ったわけではない。
世界人類の3分の1は戦時下に暮らしていることになかなか気付かないが、それが事実である。昼に300円だったコーヒーが夜には3000円になる国も珍しくない。携帯電話どころか、人類の7割以上は、電話を使ったことがない。
最近鼻息の荒い中国では4400万人の女性が行方不明だ。

ある貧しい国で、ボランティアの教師をしていた人が、子供達に弁当を用意して遠足に行ったら、慢性的にひもじい思いをしているはずの子供達が、彼らには大ご馳走の弁当を誰も食べずに持って帰った。こんなにいいものを自分だけが食べるわけにはいかないと、家族のために持って帰るのだ。
日本に生まれたことは、やはりラッキーかもしれない。

20060531

今月最後の絵(?)
クリックすると大きな絵が出ます。

|

« 死せる魂の芸術 | Main | 人の美しい行為とは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 豊かな日本:

« 死せる魂の芸術 | Main | 人の美しい行為とは »