« エスの神秘 | Main | エスの驚異の力 »

2006.04.22

自分を名前で呼ぶ人

子供が、自分を名前で呼ぶことが多いのはご存知と思う。
「あいちゃんはね、アイスが食べたいの」
「ケンタは幼稚園で一番サッカーがうまいんだ」
年齢が進むと、自分を私、僕、俺と言うようになる。遅くとも小学校低学年までにね。
しかし、時々、いい年になっても自分を名前で呼ぶ者もいる。女性に多いように思う。
「園子、こんなの見たの初めて!」
そういう人は精神が幼いと見なされるが、高校生とか、大学生になってもそんな人が実際にいる。女の子に関していえば、余程可愛いコであれば、特に男性には好意的に思われる可能性が高いが、そうでないなら(残念ながら可愛いと思われない場合)、下手したら駅のプラットホームから蹴落とされかねない(笑)。

しかし、考えてみれば、自分を名前で呼ぶことにも優れた点がある。
それは、自分を客観視しているということだ。
そして、さらに考えれば、年齢と共にそんなことをしなくなるのは、自我とは年齢と共に強くなることを示す。自我とは、「私は私である」という感覚であるからだ。
そして、自我とは作り物であり、何らかの信念や主観、主義が固まって出来るものである。
そして、主観や主義が強くなると精神の自由を失う。
自分を名前で呼ぶ者は確かに幼いが、精神の自由さは持っている可能性がある。
人間、とかく、「私が」「私が」になる。自分にしか関心がなく、それがかえって自分を見失う原因にもなる。
自我が強くないと社会で生きていくことができないが、時には、自分を名前で呼ぶ子供の真似をするのも良いかもしれない。

|

« エスの神秘 | Main | エスの驚異の力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自分を名前で呼ぶ人:

« エスの神秘 | Main | エスの驚異の力 »