« 意外な話 | Main | あの星の空 »

2006.04.29

リーダーシップ

リーダーシップというものを考えてみる。
どんな世界でも似たようなものと思うが、優秀なだけでは良いリーダーになれない。一人でやる仕事は素晴らしいのに、チームでは全く機能できないという人間は必ずいる。
とにかく、リーダーというのは難しい。
まず、リーダーの重要な仕事はビジョンを示すことだ。そして、そのビジョンに向けて、メンバーをまとめないといけない。全員が同じ方向を向いて進まないとチームはパワーを発揮できない。優秀だが、足並みを乱すメンバーの扱いもうまくないといけない。

私は、今年1月3日、このブログで、「今年は原ジャイアンツが優勝する」と断言した。
今年は巨人が優勝する理由
いまのところ、当たりそうな雰囲気はある。
その時、私は「今年も仁志は冷遇される」と書いた。
当然、これも当たっている。仁志のように、優秀だが自己中で調和を乱す者は、いかに姿勢が真摯でもダメである。
原監督にはカリスマ性はない。しかし、ものごとを分かりやすく話す。馬鹿でも分かる。
馬鹿みたいに簡単なことを堂々と話すのは案外難しい。その意味では、リーダーは、馬鹿ではいけないが、羞恥心は無い方が良い。
また、分かりやすい人間であることや、気分が安定していることが必要だ。リーダーが神秘的である必要はない。そして、ある時は機嫌がいいのに、ある時は不機嫌だというのはいけない。常に同じ気分でないといけないし、たとえ色をなしても、すぐに戻る必要がある。
そして、ある程度、甘くないといけない。メンバーが何度失敗しても、結局は目をつぶってやらないといけないことは多い。その点では忍耐が必要である。そして、何度失敗しても信じてやれることが必要だ。本当に忍耐が必要だ。
そして、人間は感謝されるところに留まるという基本を忘れてはいけない。

いろいろ書いたが、本当に必要なのはメンバーの自我をチームの中で安定させてやることだ。なぜなら、それこそが人間が生きる目的であるからである。

|

« 意外な話 | Main | あの星の空 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リーダーシップ:

» だれでも、リーダーになれる? [サラリーマンの成功に効く本。資産運用に、健康管理に、人間関係に、仕事に、自己啓発に役立てる。 - livedoor Blog(ブログ)]
「リーダーシップ・エンジン」ノール・M. ティシー y イーライ コーエン 東洋経済新報社 エジソンが生んだGE。ジャック・ウェルチがこれをさらに巨大化。成功に効く本最新ランキング!... [Read More]

Tracked on 2006.05.13 09:12 PM

« 意外な話 | Main | あの星の空 »