« 想像力の魔力 | Main | ニートの本質 »

2006.03.14

アメリカ男性の日本人化

アメリカのアニメや映画のヒロインは、日本人男性好みとはいえない場合が多い。
アメリカンヒロインは、立派な大人であることが多く、アニメでは顔に(美しい?)しわが刻み込まれているのが普通に思う。日本のミドルティーンのヒロインのように、お肌ツヤツヤのお子ちゃまではないようである。

アメリカは力の国であり、現実的にヒロインになるには大人の知恵と経験が必要だという意識が強いのだと思われるが、私は、アメリカ人のヒロイン像にディズニーの影響が大きいと考えている。ディズニーは、アニメにせよ、かぶりものをした舞台にせよ、お姫様が清純可憐ということは全くない。大人の女性の顔の特徴を強調し、体形もメリハリがある(笑)。アメリカの子供はみんなディズニーで育つといって過言ではないので、ああいったタイプを好ましく感じるよう条件付けられているのではないのか。

そんなアメリカでも、日本人男性が萌え萌えな美少女キャラを有するアニメが放送され、漫画が出版され、大人気であるようであるが、実は昨今、アメリカ人が日本人に似てきたという話もある。
以前は、愛想笑いをするはにかみやといえば日本人だったが、最近はアメリカ男性にもこのタイプが増えているようだ。これは、日本の精神的侵略であろうか?(笑)

|

« 想像力の魔力 | Main | ニートの本質 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカ男性の日本人化:

« 想像力の魔力 | Main | ニートの本質 »