« 揺れる想い | Main | 自分で書いたバイブル »

2006.03.01

日本スケート連盟の責任は?

荒川静香が見事金メダルを獲得したトリノ五輪女子フィギュアスケートだが、その喜びに眩まされて、安藤美樹を代表に選出した日本スケート連盟の責任を忘れてはいけない。少なくとも、もっと問題にすべきと思う。
安藤は昨年からの不調のまま五輪に出場したが、この状況は多くの専門家が当然見抜いていたはずだ。むしろ「無理に出場させられた」安藤には気の毒とすら思える。
中野由香里が出場していれば、10位以下に終わることは考えにくいし、上り調子であるだけにメダルの可能性も十分あったと思う。

安藤美樹は2004年の成績が良く、過去2年の成績で評価するポイント制ということであるが、いくらなんでも五輪直前に調子の悪い選手と調子を上げた選手がいればそれにこだわるのは不合理である。
若いとはいえ、安藤はすでに下り坂に入っており、現在までのところ、上昇の兆しはないと思える。
安藤自身、全日本選手権終了直後の代表発表の時、「選ばれるとは思っていなかった」と言ったが、本音だと思う。
また、安藤は五輪では4回転ジャンプにこだわり、それだけを目標にし、成績は度外視した発言を繰り返していたが、運動会じゃないんだから、こんなことを許してよいはずがない。アマチュアスポーツとはいえ、いっさい責任なく自由にやれるはずがなく、荒川、村主も口には出さねど呆れていたのではないだろうか?
しかし、安藤も、現在の実力では上位入賞はありえず、4回転にかけるしかなかったという苦しい事情があったのではないかと思うし、それなら実に可哀想なことだ。
15位で「悔しかった」と言わず「楽しかった」と言われたら、代表漏れした中野や、そのために引退を決めた恩田の気持ちはどうであろう。

五輪が開催されたイタリアでは、最大の全国紙が、浅田真央の特例出場に連盟が熱心でなかったのは、スポンサーであるチョコレートメーカーの圧力と報じられていたが、確かに中野由香里もロッテの契約選手ではない。

アテネ五輪では、女子マラソン代表に、人気と実績のある高橋を外し、直前の選考試合で好成績を出した選手を選んだが、Qちゃんファンも残念ではあっても納得したと思う。

中野由香里は、次のバンクーバーでは24歳。今回の荒川と同じ年齢で、メダルの可能性も大きい。しかし、今回、五輪を経験させてあげれば最も良かったはずだ。そもそも、「経験」だけでなく、上位入賞も十分にありえた。
中野は、一頃、なかなか思うように向上せず、ペア転向の話も現実的になっていた。しかし、毎朝、初心者が行うような基礎練習を熱心に行い、それをきっかけに急上昇したという話も見たことがある。そして、実際の結果も出した。このような選手こそ代表に相応しかったはずだ。

|

« 揺れる想い | Main | 自分で書いたバイブル »

Comments

コピペですいません

NHKが荒川選手の日の丸をまとってのウイニングラン
をカットした疑いがあることが、今大きな問題になりつつあります。
是非エントリーを立てていただければと思います。

まとめサイトがあるのでそのアドレスを
書いておきます


荒川静香選手のウイニングスケートを放送しなかったNHKまとめ

http://arakawasizuka.seesaa.net/

お手数ですが、ご検討くださいますよう、よろしくお願いいたします。

Posted by: | 2006.03.01 09:23 AM

私は以前、「公共放送が最も公共性がない」と書いたことがあるのですが、NHKなんかはあってもなくても良いと思っています。よって、いまさらNHKがどうでもあまり関心がありません。
申し訳ないです。

Posted by: Kay | 2006.03.03 10:44 PM

NHKに何も期待することはないと思います。それより、トリノ・オリンピックに対するメディアの協奏曲(むしろ前奏曲か)のひどさ加減は、もう結構(もう、コケッコー!!)です。メダル2つを予測した、米国のスポーツ専門誌の方が予測制度が高かったということの方を、問題にするべきでしょうね。(日本人として、恥ですよ。自分の国のことを、米国人よりも理解度が低いと言うことがどういう意味を持っているかを、十分に考えるべきですね)
Kayさんのご見識に、脱帽です。陰ながら。(まだ、墓には入る予定もないし、予約もしていません。....)

Posted by: Caro Ideale | 2006.03.25 10:47 PM

米国では、確か、荒川のメダル獲得も予想してましたね。
荒川のコーチが「荒川は金だが、安藤は10位以下」と言ったらしい(信頼度不明:雑誌記事)ですが、これも当たり。
米国の雑誌は、後の分析も抜群です。「誰が金を取ったかというより、誰が取れなかったかということだ」という冷静な評価を載せていました。
日本のマスコミ経由で米国メディアの情報を見ると、かなり歪みますので、できれば直で読むのがいいですね。とはいえ、私は英語は苦手。Caro Idealeさんが羨ましい。

Posted by: Kay | 2006.03.26 12:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本スケート連盟の責任は?:

« 揺れる想い | Main | 自分で書いたバイブル »