« 正体の分からない相手と付き合う方法 | Main | シカトの真の恐怖とは? »

2006.03.11

永遠の風

20060310
絵を描きました。絵をクリックすると大きな絵が出ます。

南インド、アルナチャラの聖者ラマナ・マハリシ(1879-1950)は、キリスト教の意味は、「自我が肉体という十字架に磔にされて滅び、真我が復活する」と語ったことがあるように思います。
心理学者の岸田秀氏は、自我は作り物の幻想に過ぎないが、真我(本当の自分)なんてものは存在しないと言います。ただ、仏陀もまた、私達は「無我」つまり、非実体と説きました。
おおえまさのり氏はこの両者を「同じこと」とします。
死んだ乙女に永遠の「風」を感じることで生み出されたような芸術もあるように思います。

|

« 正体の分からない相手と付き合う方法 | Main | シカトの真の恐怖とは? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永遠の風:

« 正体の分からない相手と付き合う方法 | Main | シカトの真の恐怖とは? »