« みんなこうして天才になった | Main | 泣いちゃダメ »

2006.03.23

WBC狂想曲

WBCで日本が優勝したからといって、なぜ「感動しました」「ありがとう日本」なのか?
別に大和民族の優秀性が証明されたわけでも、日本人そのものが見直されるわけでもない。
単に日本のプロ野球のレベルが高く、選手およびスタッフがよくがんばったというだけの話で、それに関しては私も素晴らしいと思うが、それだけではだめなのだろうか?

もし、日本選手団が何か特別に不利な状況にあったのなら感動も分からないでもない。例えば、昔なら考えられたが、アジアの選手団には安い劣悪な宿舎があてがわれたというようなことであるが、WBC参加国の選手はいずれも国や企業、あるいはコミッショナーからの手厚い援助を受けていたと思うし、特に日本はかなり良い状況だったはずだ。

昔、力道山が巨大なアメリカ人レスラーを空手チョップでやっつけた時も、こんな感じだったのではないだろうか?
当時の日本人のアメリカに対する劣等感はすごいものだったはずだ。しかし、それは今でも変わらないと思う。「日本人離れした」という言葉が大変な褒め言葉であったり、英語を習うのは良いが、アメリカ人の大げさなジェスチャーまで真似したりする。なんとも卑屈なものである。

それと、「野球は素晴らしい」「がんばればこんな舞台に立てることを子供たちに教えたい」といった妙なものをくっつけ過ぎるのは、自社の宣伝をする社員のごとしで、どこか組織人としての卑屈さがないだろうか?

仮に、日本チームが散々な成績で終わったとしても、イチローが屈辱を感じるのは当然としても、一般日本人までが屈辱を感じる、つまり、アメリカなどへの劣等感という歪んだものに苛まれることがなくなった時が、日本が本当に独立国家になった時といえるような気がする。
日本の優勝に狂気乱舞する気持ちは、かつてサッカーW杯フランス大会から帰国した選手に生卵を投げつけた者の気持ちと表裏一体ではないだろうか?

|

« みんなこうして天才になった | Main | 泣いちゃダメ »

Comments

お元気ですか?
WBCの優勝に関して、私と同じ意見の人を見つけました。おっしゃる通りです。また、ブッシュのぽちが「感動した」といったのかな?
明日は横浜市長選挙です。ぜひとも、今の市長をやっつけたいものです。対立候補が出ることはよいことだと思います。種々な政策に関して、松川候補者が問題提示をし、それに対して、中田現市長がコメントしなければならないので、それがいわば公約代わりになります。競争候補なしの無風選挙など意味がありません。明日は投票率は最悪だと思いますから、私にとっては、最善です。組織票が強い(もう強くないか??)松川候補者がある程度の得票をとることを期待しています。自民、民主、公明、神奈川ネットまでが、腐れ縁やら、政界算術(ここで共同歩調を取っておかないと、議会・ロビー活動などで、協力が得られない)で、共同歩調を取りますから、あまり面白い結果にはならないでしょうが。後は、投票率の低下だけが救いです。明日の天気はあまりよくないようだから、無関心層が投票しないことを祈っています。

Posted by: Caro Ideale | 2006.03.25 08:40 PM

Caro Idealeさん、コメントありがとうございます。
花粉症で乾燥肌という以外は概ね快調です。
慧眼のCaro Idealeさんに同意見と言っていただけて嬉しいですね。
アメリカでは忠犬ぽちの銅像でも作ってくれるでしょうか?
実は私、選挙CMで、興味もないくせに無理に選挙に行かせるよう煽動するのはやめてけれとか思ってました。私もあまり行きませんが・・・

Posted by: Kay | 2006.03.26 12:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference WBC狂想曲:

« みんなこうして天才になった | Main | 泣いちゃダメ »