« シカトの真の恐怖とは? | Main | アメリカ男性の日本人化 »

2006.03.13

想像力の魔力

捕虜になった人間は自堕落になることが多いようです。
ロマン・ゲイリの「天国の根っ子」という小説がそんなことを描いているらしいです。らしいというのは、この小説が国内で売られているかどうか私は知らないからで、私はコリン・ウィルソンの「至高体験」という本で引用されているのを読みました。

フランス兵はドイツ兵の捕虜になった時、すっかり自堕落になりますが、隊長は隊員に「理想の少女が居ることを想像する」遊びともいえる指令を出します。
すると、フランス兵達はみるみる自制と誇りを取り戻します。ドイツ兵は驚きます。そして、こんな奇妙な命令を出します。「お前達がかくまっている女を差し出せ」と。すると、なんとフランス兵は拒否し、フランス兵の隊長は独房に入れられます。彼は生きて帰らないはずでした。
しかし、彼は生きて帰ってきます。当然でしょうね。彼は想像力の使い方を知ってますから、他人の一切の承認のない独房でも生きていられます。

|

« シカトの真の恐怖とは? | Main | アメリカ男性の日本人化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 想像力の魔力:

« シカトの真の恐怖とは? | Main | アメリカ男性の日本人化 »