« 怒らせる名人 | Main | 怠け者の夢 »

2006.02.12

本当らしく見えるライブドア報道にご注意を!

ライブドア報道の中で、事件の影響でライブドアサイトのアクセスが急上昇でも、ライブドア技術者の技術力でWebサービスをダウンさせないという技術者魂を見せているといった報道があった。ライブドア技術者の立派な発言も掲載され、ライブドアに技術があることを世間に猛アピールする。
しかし、これもライブドアお得意の中味のないイメージアップ作戦ではないかと思う。
いずれにしても、テクノロジ専門家以外に本当か嘘か分からないようなものは、宣伝する方も宣伝する方なら、報道する方も報道する方だ。

サイトへのアクセス数に対する許容量というのは、サーバーコンピュータを設置したデータセンターの設備全般や、稼動前に採用したソフトウェアの方式で決まるのであり、それはNECか富士通かIBMかサンかHPかは知らないが、それらのメーカー系のサービス会社が企画・設計・構築したはずだ。
ライブドア社員は、せいぜいが、サーバー稼動状況を管理するソフトウェアでモニタ管理したり、サービスそのものをユーザーの立場で使用して異常がないかを真面目にチェックするくらいで、別に大した技術力などいらない。異常があれば、サービス会社に連絡して、サービス会社が技術対応するのである。
まさかサーバーコンピュータがヒルズの中にあるはずはなく、どこか大手IT企業のデータセンター内にあるのであろう。
ブログの検索方式を変えたとかいっても、開発したのはライブドアであるはずがなく、それの適用も、別の会社の(優秀な)技術者が担当したはずである。

上記が本当か間違っているかは保証はしないが、報道を見る限り、ライブドアに技術があるとはとても思えないのである。
優秀なライブドア技術者の争奪戦があるなど、冗談にもほどがある。
テクノロジを愛さないトップの会社に優秀な技術者がいついたりはしないものである。

|

« 怒らせる名人 | Main | 怠け者の夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本当らしく見えるライブドア報道にご注意を!:

« 怒らせる名人 | Main | 怠け者の夢 »