« 洗脳は必ずしも害ではない | Main | 彼(彼女)に一番言われたい言葉 »

2006.02.05

アイドルの写真集を買ってみた

およそ絵を描く人なら、写真集の人物を参考にしようと思ったことはあると思うし、実際にモデルに使う人もいるかもしれない。写真は平面的でダメという人もいるが、「動かない」「安い」というメリットがあり、池田満寿夫さんなんかも奨めていた。
そして、良くはないのだろうが、有名なアイドルや女優さんの写真ならネット上を探せばいくらでも入手できてしまう。
しかし、印刷された本でじっくり見るのも良いものであるので、ちょっと買ってみることにした。アマゾンで見てみると、数も種類も多いことに驚く。そして、どれも良さそうで選ぶのに苦労する。どうやら、好きなアイドルのは全部買うというのが基本のようだ。
とりあえず、藤本美貴さんと掘北真希さんのを買った。藤本美貴さんはTVで見て可愛いと思ったし、掘北真希さんは美しいと評判だったので選んだ。そして、見てみると、美しいのに驚いた。一頃の、「隣の女の子」的なアイドルとは全然レベルが違うのではないかと思う。1980年代のおにゃんこクラブやその後追いグループは素人集団だったが、モーニング娘をはじめ現在の美少女エンターティナーは訓練されたプロフェッショナル集団と言えるのではないだろうか。
今でも、かつての国民的アイドルの画像を見る機会があるが、現代的感覚で見ると「どこがいいの?」となるかもしれない。ただ、重要なことは、現在のアイドルを美しいと見惚れていても、後の世の人たちがその画像を見たら、やはり「どこがいいの?」となることである。巨匠アングルの絵の中には、稀にだが今の世にいても萌えな女の子もいたりするが、やはりそれは例外か、アングルも「シマッタ!手が滑った!」と思ったものかもしれない(笑)。

|

« 洗脳は必ずしも害ではない | Main | 彼(彼女)に一番言われたい言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アイドルの写真集を買ってみた:

« 洗脳は必ずしも害ではない | Main | 彼(彼女)に一番言われたい言葉 »